センター国語 演習メモ雑記

 文章や段落で捉えず、2,3文の意味から拾おうとした結果間違えてる。

 どんなに狭義的な語彙力があっても、傍線とかに、筆者ワールドの筆者語みたいな使われ方してる部分あったら容赦なく間違える。下手すれば究極の筆者語に傍線部が引かれて、その前後を捉える必要があるときがある。

めも
1990
評論問4
小説問4
古文問4
漢文問

1991
評論問4以降
小説問5(これだけは間違えない自信あり)

1994
評論
辛うじて全問正解

1995
評論
辛うじて全問正解

1996
評論
最後あたり間違う

1997
評論
最後あたり間違う

1998
評論
最後あたり間違う

1999
評論
過去最低点数

2000
評論
1問間違い
これは全問正解できる気がしないわけでもない。


1990年代後半の評論よく間違う
特に大問最後あたりがきつい。
答え見ても納得いかないし、もう一回解いても正直正解できる気がしない。


センター国語高得点を狙うとたぶん落としていいのはその年の悪問2,3問だけだから、評論、小説、古文、漢文のうちどれかは満点取らなきゃだめだし、他も1,2問しかミスは許されない。
9割とか狙ううえで、

数学メモ

とりあえず、基本の処理
例題+αくらい

いつかTeX打ちする(←ほんまか)


式と計算


f:id:knowhub:20201108190202j:plain


最小値を求めよ

通過領域






f:id:knowhub:20201104050233j:plain



(x,y)について



複素平面


f:id:knowhub:20201103180842j:plain



f:id:knowhub:20201107082916j:plain







極限の演習


f:id:knowhub:20201028060120j:plain





f:id:knowhub:20201103075227j:plain





f:id:knowhub:20201103075744j:plain







三角関数と最小値


f:id:knowhub:20201102114411j:plain


整数


f:id:knowhub:20201106000606j:plain


離散
n個の1,一個の2,一個の3,一個のEを左から並べていくことを考える。
Eをおいた時点で操作を終了とする。
Eを並べる直前に置いた数字と並べていない1の個数が等しくなる確率を求めよ。(直前に置いた数字がない場合は0とする。)nは3以上の整数



すういちえー集合と論理
aを正の実数とする。




f:id:knowhub:20201029145713j:plain



A,B,Cのうち少なくとも一つの集合について、Dが含むようなaの最小値を求めよ。





悪問
ここまで酷い問題はじめて作った…改良の余地しかないけど忘れるのでひとまず貼っておきます。😭😭😭


f:id:knowhub:20201031234259j:plain

漢文

前置詞のようなもの
・於
、で、にお、おいて、

・于


・乎

於是(ここにおいて)
そこで

是以(ここをもって)
それゆえに。

以是(これを持って)
このことから

以為(おもへらく)
と思う

精思
じっくり考えること。



ゆっくりと
(現代語としても間違われがち)




字(あざな)
昔、中国の成人した人が実名以外でつけた名前。

文義
文の意味

虚心静慮
先入観を持たず、じっくり考えること。

公論
多数の意見。


門人
門下の人。門弟。弟子。


宓不斉

宓子賤とも呼ばれる。字は子賤

魯の人。孔子の門人。



脚韻
詩歌の句末をそろえること。

七言絶句
一句目・ニ句目・四句目の7文字目で韻を踏む。


劉向



『説苑』(ぜいえん)

理科 記述対策メモ

太字を問題文、その下が解答例として使うと使いやすいかも…


理論化学

ベンゼンを試験管にいれ、寒剤で外から冷やすことを考える。



f:id:knowhub:20201007173440j:plain


横軸は時間、縦軸は温度を表す。


これのうち上のグラフはベンゼンの冷却曲線 
下のグラフはベンゼンに微量の酢酸を溶かしたときの冷却曲線

まず上のグラフについて、
各状態
A:液体
B:液体と固体が混在した状態
C:固体

Bを通る線分について、冷却しているのに、温度が下がらない理由

液体から固体になろうとしたときの凝固熱と寒剤が冷やそうとする分の熱量が釣りあうから。

下のグラフについて、
Dを通る線分について、曲線が書かれている側に延長したとき、ちょうどその線と曲線が交わる部分が凝固点となる。

D点付近から温度が傾き一定で下がっている。この理由

液中のベンゼンのみが凝固し、酢酸の濃度が増し、凝固点が降下する。これが繰り返され、温度は次第に減少するから。

D点の前で、曲線を描き温度が上がっている。なぜ冷却しているのに、温度が上昇したのか。

ベンゼンの急な凝固により、多量の熱が発生し、それが冷やされる温度を上回るから。

ベンゼン中での酢酸分子に関する説明

水素結合により、酢酸分子の一部が二量体を形成している

extra
カルボン酸は、極性がある溶媒の中では一部電離するが、無極性の溶媒の中では、極性が強いカルボキシ基同士が水素結合で会合し、一部が二量体になる。

ブラウン運動の原因

コロイド粒子周辺の分散媒が熱運動によりコロイド粒子と不規則に衝突するため。

凝析の原因

疎水コロイドは、電解質を加えるとコロイド粒子の電荷が中和され反発力を失い沈殿するから。

電荷が正の疎水コロイドの溶液を生成する際、できるだけ価数の小さい陰イオンの塩を用いる。なぜか。

生成したコロイド粒子が、価数の大きい陰イオンによって凝析されるのを防ぐため。


水酸化ナトリウムと塩酸の中和熱を求める実験を行う。このとき、まず水を入れた断熱容器に固体の水酸化ナトリウムをすばやく水に入れる必要がある。理由を記せ。

空気中の二酸化炭素や水蒸気を吸収するのを防ぐため。


(2)水のイオン積は温度が上昇すると増大するが、なぜか。

中和反応は、発熱反応だから、逆に、水が電離する反応は吸熱反応となる。
それゆえ、温度が上昇すると、水が電離する方へ平衡が移動するから。

平衡
化学平衡の状態とは

可逆反応において、順方向と逆方向の反応速度が等しく、見かけ上反応が停止してみえる状態。



二酸化窒素

2連続

(1)ピストンに二酸化窒素と四酸化二窒素を入れ温度不変で圧縮する。色調の変化を理由とともに記せ。ただし以下の式が成り立つとする。

$$ 2NO_2=N_2O_4+57kJ $$

(2)体積一定で温度を下げたとき平衡はどう移動するか

(1)
圧縮直後は均等に濃度が増すため、褐色は濃くなるが、平衡に達そうとするから、ルシャトリエの原理より右向きに分子数が減少して次第に褐色は薄くなる。
(2)
ルシャトリエの原理より、発熱する順方向へ平衡は移動する。



アンモニア

3連続問題


$$ N_2+3H_2 =2NH_3 + 46kJ $$

(1)
この式より吸熱反応であることがわかる。よって高温にすると左に平衡が移動しアンモニア生成には不利になることがわかる。
しかし、工業では500℃付近でこの反応によりアンモニアを生成する。(ハーバー・ボッシュ法)なぜか??

(2)
窒素と水素を1:3の割合で混ぜる。
1.5×10^7Paで温度不変で平衡状態に到達させる。
温度不変で圧力を2倍にする。
気体の密度はどうなるのか、理由も含めて述べよ。

(3)
アンモニア生成反応について、エントロピー増大の法則とギブスエネルギーの減少という観点から説明せよ。



(1)
温度が低いと反応速度が遅いため平衡に到達までの時間が長くなってしまうから。


もっと詳しく!
高温で平衡が左に移動することでの生成率の悪化より、高温にして平衡に短期間で到達させることの方が正味で考えると効率が良い。(というか500℃がそれぞれのデメリットを最小にできるという捉え方が良さげ。)


(2)
2倍よりわずかに大きくなる。
まず平衡の移動を考慮しないとして、圧力を2倍すると、体積は半分になる。それに加えて平衡を考えると、圧力を大きくしているから、分子数が減少する方に平衡は移動する。よって体積は半分よりもわずかに小さくなる。それに対し、質量は変わらないため、体積のみ、半分よりわずかに小さくなり、密度は元の2倍よりわずかに大きくなる。


メモ
私はモル数の減少と質量の変化を取り違えて、モル数に伴い質量も減少すると判断し誤った答えを出してしまった。

(3)分子数の総和は減少するから、乱雑さ(エントロピー)は減少し、発熱反応だからエネルギーも減少することがわかる。エントロピーからは左に移動し、エネルギー的には右に移動する。(よって可逆反応である。)

正塩、酸性塩、塩基性塩をそれぞれ説明せよ。

正塩
塩の化学式中に酸のH、塩基のOHが含まれていないもの。

酸性塩
塩の化学式中に酸のHが含まれているもの。


塩基性
塩の化学式中に塩基のOHが含まれているもの。

酢酸を水酸化ナトリウムで滴定するとき、フェノールフタレインを用いる理由

弱酸と強塩基の中和滴定では、中和点が塩基性側に偏るため、変色域を塩基性側に持つフェノールフタレインを用いる必要がある。

この構文大事かもね

アンモニア水を塩酸で滴定するとき、メチルオレンジを用いる理由を述べよ

弱塩基と強酸の中和滴定では、中和点が酸性側に偏るため、変色域を酸性側に持つメチルオレンジを用いる必要がある。

滴定時、シュウ酸などで滴定した水酸化ナトリウム水溶液を用いるのはなぜか。

水酸化ナトリウムは二酸化窒素や水蒸気と反応しやすく純粋な固体を得にくいため、固体を計量するのではなく、液中で滴定されたものを用いるのがより正確だから。

中和滴定時、塩基性の水溶液を酸性の水溶液に滴下するほうが良い理由

強塩基をコニカルビーカーに入れると、空気との接触が多く、滴定する際もコニカルビーカーを振るため気体が吸収され滴定に影響を与えうるが、塩基性の水溶液を空気との接触をより少なくできるビュレットに入れ酸性の水溶液に対して滴下するようにすれば、空気の吸収による滴定への影響をより小さくできるから。

食酢を滴定する際、水で酢を希釈するのはなぜか。

希釈することによって指示薬の変色を判別しやすくして、中和点を見つけやすくし、滴定誤差をより小さくすることができるから。

アンモニアを希硫酸に吸収させ、水酸化ナトリウムで、滴定するとき、メチルオレンジを用いるが、フェノールフタレイン(変色域pH8.0〜9.8)は不適切である。なぜか。


中和されたときに生じる硫酸アンモニウム加水分解により、中和点が酸性側に偏るため、変色域を酸性側にもつ指示薬が必要だから。

弱酸の水溶液に強酸をくわえると弱酸の電離度はどう変化するか。

強酸による水素イオンのため、弱酸は電離しにくくなり、電離度が減少する。

次亜塩素酸カリウム加水分解すると次亜塩素酸イオンは水素イオンと反応するが、カリウムイオンは水酸化物イオンとはそんな反応しない。反応しない理由を述べよ。

水酸化カリウムは強塩基で電離しやすいから。


無機化学

硝酸、鉄(Ⅲ)、チオシアン酸カリウム水溶液を入れると量次第でかすかに赤くなる。なぜか。

鉄(Ⅲ)イオンとチオシアン酸イオンが錯イオンを形成し赤色を呈色するため。

物理

電池の起電力を測定する際、電圧計を用いないのはなぜか。

電池の内部抵抗による電圧降下で、電圧計は起電力より低い値を示すから。

金属の電気抵抗が温度による異なる理由

温度が上昇することにより、金属の熱での振動が激しくなり、自由電子が移動しにくくなり、抵抗値は大きくなる。

古文単語

まだ見にくい部分が多いですが、ひとまず公開します。
更新していきます。


動詞

・おしのごふ(押し拭ふ)
ハ行四段活用
ぬぐう。
力を込めてふく。

ひらがなで出たとき、ぱっと見で判断しにくかった。

・なづさふ
ハ行四段活用
なれ親しむ。

水に浮かび漂う。

・老いしらふ
ハ行四段活用
年をとる

・かかづらふ
ハ行四段活用
かかわる

こだわる

生きながらえる

・わたる
ラ行四段活用
自動詞
1.越える。移動する。渡る。行く。来る。年月が経過する。

補助動詞
1.し続ける。

年ごろゆかしう思ひわたりし所
長年行きたいと思い続けていた所


・あさる(漁る)
ラ行四段活用
1.探し求める。

あさりありく
探しまわる。
探して歩いた。

・さしあたる(差し当たる)
1.直面する

さしあたりては、
〇〇を目の前にすると、
直面しては

さしあたりて(今のところ)と区別!!注意する必要がある。

・具す(ぐす)
サ行変格活用
伴う、連れ添う、備わる、そなえる

・誦す(ずす、じゅす、ずず、ずうずなど)
サ行変格活用
口ずさむ。

・みみとどむ(耳留む)
マ行下二段活用
注意して聞く。聞き耳をたてる。


・思ひおこす(思ひ遣す)
下ニ段活用
関心を寄せる

・聞こゆ
ヤ行下ニ段活用
1.評判になる。知られる。

名はいみじう高く聞こえて、
名はとてもよく知られていて、

・たぐふ
自動詞
ハ行四段活用
寄り添う

似合う

他動詞
ハ行下二段活用
寄り添わせる


身をたぐへます
身をゆだねる

なぞらえる


形容詞

・いかめし(厳めし)
シク活用
威厳がある、堂々として、


・おもしろし
素晴らしい、風流だ、楽しい

・たのし
裕福だ


・しのばし(偲ばし)
シク活用
慕わしい
忘れがたい

・ゆかし
シク活用

見たい/聞きたい/知りたい

心惹かれる/懐かしい

・をさをさし(長長し)
シク活用

しっかりしている。

・こころもとなし(心許なし)
ク活用
1.待ち遠しい、じれったい
2.気がかりだ
3.かすかだ



副詞


・いとしも(下に打ち消しを伴い)
たいして。



・だに
せめて…

でさえ…



・いかで
1.どうして。どういうわけで。



2.どうして…か、いや、そんなことはない。(推量の語を伴う、反語の意。)


3.ぜひとも。どうにかして。何とかして。

いかでとく登りてみんと、
何とかして



・をさをさ
1 .めったに、ほとんど
かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、
このような散歩もほとんどなさらないのに、


・しっかり、
をさをさ聞こえたまへども、
しっかりと申し上げますが、

・さしあたりて
目下。今のところ。



・かばかり

これくらい、これほど、これだけ。


・わざと(態と)
1.わざわざ

2.格別に/取り立てて



3.本格的な
わざとの御学問
本格的な学問


・なほざりに
おろそかに。いい加減に。

・また
1.再び。

2.同じように、同じく

3.そのほかに、

・とく(疾く)

・いさや
さあ、それはどうであるか。


代名詞

・いづ方
1.どちら


いづ方もいづ方もいとよく見渡さるる中に、
どの方角もとても良く見渡せる中で、

2.どなた
3.どこ
4.どれ

疑問の代名詞


名詞


・勤め
仏道修行に励むこと。

後の世の勤め
来世に向けての仏道修行

書き留め
つとめ、つとめとしか出てこないで適当に読み進めてたら、実は仏道のことだった。となったことある。つとめって来たら仏道のことも思い浮かべておいたほうが良い。




・覚え(おぼえ)
評判。

・ともがら
仲間。

・ほだし(絆、絆し)
妨げ
うまのあしに絡ませる綱


・年ごろ
長年の間。長年。数年間。数年来。

・わたり(辺り)
付近。
(注:動詞のわたりと混同しないように)

このわたり天の香具山の北の麓なり。


・あるべき様
今後の振る舞い方。



・懈怠
なまけること。

・庵(いほり、いおり)
質素な佇まいの小屋
(僧侶などが生活することもある。)
軍隊が宿泊するところ。
農作業に使われる小屋

・あかれ(別れ、散れ)
分岐

組織の分派


奥さん

この御方のあかれ
この御方付きの女房

・ねび人
年をめされた方。
年をとって経験豊かな人。

・ふること
昔話。故事。

・しもと原
低い木が生えている原。

・おうな(嫗、媼)
年をとった女性のこと。


・乾飯(かわい、ほしい等)
非常食のようなもの。


・社(やしろ)
神を祀る所。

・異方(ことかた)
別の方面、ところ。

・四方(よも)
東西南北。
前後左右。
いたるところ。あたり一面。

・こといみ
不吉な言動を慎むこと。

・埴安の池(埴安池)
天香具山付近にあったと伝わる池。

助詞

接続助詞

からに
連体形につく。

原因 …ために
即時 …とすぐに
逆説仮定 …だからといって

感動詞

・いさや
いや、
さあ
そうですねえ

さてなあ、さて

いさや、いかなる事べきにか。
さてなあ、どうしたものか。

連語

言はん方無し・言はむ方無し
1.何とも言いようがない。格別だ。

言はん方なくおもしろきに、
言いようがなく素晴らしい。


国はいづくにかおはする。
国はどちらですか??(出身を聞くようなもの)


おぼしおきてて
予め心には決めていて


縁に触れつつ
人とのつながりを求めて

長さや面積など

人物

里人

枕詞

・ももしきの
百石木
(多くの石や木)


大宮



その他

・唐めきたる
中国風の

コロイド

コロイド

(絶賛更新中!)

コロイド

 ある一つの状態の媒質の中に、微小粒子が分散して共存している状態

直径10^-7~10^-8m程度

 

 

foam(フォーム)・・・泡のこと

分散媒の状態 名前 説明 具体例
気体   気体同士では、コロイドとはならない  
液体エアロゾル 気体中に液体の微粒子が分散している状態
固体エアロゾル 気体中に固体の微粒子が分散している状態 線香の煙
液体-ゾル 分散質が気体であるゾル 微細な泡
エマルション 液体中に液体微粒子が分散している状態 マヨネーズ、牛乳(脂肪分が液体化)
サスペンション 液体中に固体微粒子が分散している状態 水性インク、墨汁

固体コロイド

ソリッドフォーム 固体分散媒で、分散質が固体のもの 発泡スチロール、活性炭
ゲル 液体粒子間に何らかの結合が生じ、その結合の構造によって流動性が失われた状態 ゼリー、こんにゃく、ゼラチン、寒天、ゆで卵
ソリッドゾル 固体分散媒で、分散質が気体のもの 塗膜、合金、色ガラス

 

 

凝析

 

コロイド粒子と反対の電荷で、価数の大きいイオンほど凝析の効果が大きい。

三角州

疎水コロイドである粘土や砂などが、水中のイオンで凝析され、河口に沈殿する。

塩析

豆乳(温)にニガリを加えると豆腐になる。

 

石鹸水に食塩を多めに入れると固まる。

 

疎水コロイド

粘土、炭素、水酸化鉄(Ⅲ)、硫黄

親水コロイド

-OH,-COOH,-NH_3を持つコロイド(タンパク質やデンプン)は水分子が水素結合で水和し、安定する。

 

豆乳、にかわ

 
保護コロイド

墨汁などは、炭の凝析コロイドに、にかわの親水コロイドを加え、凝析されにくくしている。

このときの親水コロイドを保護コロイドという。

透析

セロハンの目よりコロイド粒子の方が大きいから、セロハンでコロイド粒子を包み水に浸しておくと、純粋なコロイドと水のみ残る。

 

 

ゲル

コロイド粒子どうしが網目状につながりその中に水が閉じ込められている。

 

 

 

内部の原子は他の内部の原子と結びつくが、表面の原子はまだ他の原子と結びつける。

流動性を失い全体が固まったゲルを、乾燥したものの表面には色素の分子や気体、水蒸気が集まりやすい。(吸着)

シリカゲルとかはこれの典型、覚えてなきゃ論外。

 

シリカゲル

無定形固体。

表面にはヒドロキシ基がある。

 

コロイドは単位質量あたりの表面積が大きいから、吸着しやすい。

 

電気泳動

 

 

 

 

 

水酸化鉄(Ⅲ)コロイド粒子

 

 

 

日本語の単語メモ

語彙力増加目的

無私
私欲がなく、自分をなげうって人のために尽くす様子。

ディスクール
物事や考えを言葉で説明すること。

返り咲く
・春の花が異なる時期に咲くこと。
・一度前線を過ぎたものが再び以前の状態に戻ること。

なぞらえる
似たものと比べて考える。準ずる。同格と考える。たとえる。

吝嗇
ひどく物惜しみをする人。けち。

弁別
区別すること。識別。見分けること。
(善悪、是非などに用いられることもしばしば)

法曹界
法律に従事する人々の界隈のこと。

借景
庭園外の山や樹木などの風景を、庭園の景観として取り入れること。

頼む
憑む/恃む

↓激易


しつらえ
設え、しつらい、設い。用意。準備。
設備、飾り付けること。

学殖
深い、学問によって身につけた知識。


調和
全体がつりあい、まとまっていること。

秩序
物事の正しい筋道や順序。

ある集団内で定められたきまり。

社会秩序など


相対化
他のものと比べそれを位置づけること。

旅を相対化する。
1991年のセンター
相対の意味を知ってても解けない問題の代表。


Aは旅と同じことと考える。


旅は、〇〇といういい点だけでなく、▲▲という危険性もある。

相対化の意味を変に意識しすぎるとわからないが、
絶対視する、神聖視する、賛美する、と対のニュアンスを持つと考えると腑に落ちるだろう。

物質(未完成、だいぶ未開拓)

ここでは高校化学に縛られず、物質のことを記していきます。
眠ってた記事。
もうちょっと手を加えればマシになりそうだからいったん公開してみる。

ウルシオール

漆、うるしかぶれ関連
うるしかぶれの原因
漆の樹液に含まれるウルシオール(単量体)によるもの
漆器は、かぶれの原因となる単量体のウルシオールは、キチンと仕上がってれば残っていない。

ちなみに
漆器ウルシオールを塗り酸化重合させ高分子ポリマーにすることで頑強な膜を形成させる。
酸化重合の速度を上げるには、水蒸気(湿度)と温度が必要。
室、紙帳(和紙での蚊帳)で固化させそれを実現させた。

シリカゲル

無定形固体。

表面にはヒドロキシ基がある。

次亜塩素酸

次亜塩素酸 常温での酸解離定数:7.53
水へは可溶
弱酸

血液中ではおおよそ \( \frac{1}{3} \)ほど解離して存在する。
細胞膜への透過性:通常の遊離酸の100分の1ほど


ガラス

ガラス
紫外線(UV-C)をよく吸収する。
フッ化水素酸以外には耐酸性
塩基性ではない。



自動車のフロントガラス
UV-Bも完全に防ごうと考え、2枚のガラスにプラスチックを挟まれたものが作られている。

UV-B・・・危ないとされているが、日焼け肌を作るため、それようの蛍光灯まで売り出されたことも…
UV-C・・・紫外線による皮膚がんの原因と考えられている。比較的短波長

過マンガン酸カリウム

酸性のとき、
\(MnO_4^-+8H^++5e^- → Mn^{2+}+4H_2O\)

塩化ナトリウム

\(NaCl\)はイオン結合で結びついたもので、分子ではない。
融点:800.4℃
沸点:1413℃
塩化ナトリウムが融点以上になると、気化しやすくなり、それの一つに\(Na^+ - Cl^- \)がある。

比較 \(NaCl\) のイオン結晶 \(Na^+ - Cl^- \)
原子間距離2.820Å2.51Å
赤外線領域へ吸収を示さない。強い吸収を示す。

菌の検出

ピロリ菌の検出

内視鏡を使う検査

ウレアーゼ試験

ピロリ菌が持っているウレアーゼを調べるもの

培養法

採取した胃粘膜をピロリ菌発育下で培養する。

内視鏡を使わない検査

尿素呼気試験法


胃潰瘍の原因・・・胃内のピロリ菌(helicobacter Pylori)

胃の酸性により、菌は活動せずびょうきをおこすとはかんがえられていなかった。

ピロリ菌と胃潰瘍、胃癌、十二指腸潰瘍には関わりがある。

ピロリ菌が自身を保護する手段
胃粘膜中にある尿素酵素ウレアーゼで分解し、それにより生じるアンモニアアンモニウムイオンで弱アルカリ性の緩衝液で自身を保護している。

\( (NH_2)_2CO + H_2O → CO_2 + 2NH_3 \)

分解された二酸化炭素は血中に溶解し、肺から呼気として排出される。

ピロリ菌感染の検査
炭素の安定同位体 \(^{13}C\) を用いる。(人体に影響はないと考えられている。)

  1. 尿素中の炭素原子を \(^{13}C\) で標識する。
  2. 尿素水溶液を服用し20分経過させる。なおこの際、曖気は我慢し、二酸化炭素は血中に溶解させる。
  3. 二酸化炭素補足剤となる水酸化バリウムに吹き込む。
  4. 酸で処理して二酸化炭素を追い出す。
  5. 質量分析器で、炭素同位体比率を調べる。

 

尿素を分解するウレアーゼはピロリ菌によるものと通常考えられるため、標識された炭素を含んだ尿素水溶液を服用して呼気に標識された炭素が現れれば、それは吐くまでの過程にピロリ菌が存在したことになる。

自然界には \(^{12}C\) と \(^{13}C\) が90:1で存在する。呼気中の二酸化炭素の炭素の同位体比率が変化したことが確認できれば、呼気に標識された炭素が含まれていたことがわかる。

 

標識する    \(^{13}C\) -labelled

 

抗体測定

ピロリ菌への抵抗として形成される、抗体の有無を血液中や尿中から調べる。

化学の基本(完成率5%くらい)メモ

化学の基本

 

 単位

1cm³ は1mL

1000Lは 1m³

 

 

 単体・・・単一元素からなる純物質(どこから抽出しても均一なその物質が得られること)

 

 

質量数3のトリチウム(水素)とヘリウムでは、ヘリウムのほうが質量は僅か小さくエネルギーは低い。

トリチウムはβ崩壊して質量数3のヘリウムになりやすいと考えられる。

 

均一混合物の例

  • 空気
  • 海水

不均一混合物の例

  • 岩石

黒鉛とダイヤモンドが混ざったものも混合物と呼ぶのが一般的である。

 

同重体-isobar・・・質量数が等しい核種
同重体どうしは異なる元素

同位体安定同位体放射性同位体に分類される。

 

電子の質量は中性子や陽子の1840分の一

 

原子量

元素の原子量は同位体の相対原子量の加重平均 12C=12を基準としてその比でほかの元素の質量を表す。

炭素のように循環しやすい元素は、同位体の存在比率も比較的一定の値を示しやすいため、原子量の有効数字の桁数も多くより正確に求められるが、循環しにくい元素は同位体の比率も一定の値を示さないため、比較的有効数字の小さい桁数でしか求められない。

 

場所によって同位体比率が異なる理由

場所によって物質の元が異なる、すなわち火山や隕石などの外からの変化

 

 

安定同位体が一種しかない元素では、原子量は正確に求められる。(ヨウ素、ナトリウム、フッ素、アルミニウムなど)

 

 質量欠損

炭素の相対質量を12と定めたならば Hは1でOは16となるはずであるがHが1よりわずかに大きくOは16より僅かに小さい。これは一部の質量がエネルギーになることで説明される。(E=mc2原子核がけつごうされれば、安定しエネルギーが放出され多少軽くなる。

 

原子核内では陽子どうしの反発が大きいが、それによる原子核の分裂を防ぐための結合力の元が中性子の存在である。
そのため陽子数が大きい場合、中性子のみでは抑制できず分裂を招きやすい。

 

 

 

18gの水(液体)の体積は標準状態で
0.018L

水10mlとエタノール10ml混ぜたら体積は20mlになる。○か☓か。

理由
エタノール分子のほうが水より遥かに大きく、エタノールと水を混ぜた際、水はエタノール分子の隙間に入り込む形になるため、実際の2つの物質の体積の和より小さくなる。
余談
水素結合により、分子間の距離が小さくなり水の体積は小さい。(今回の議論の場合はあまり関係ないと考えられる。)

 

 

 

 

 

 

 

陽性が強い 電気陰性度は小さい 金属元素
陰性が強い 電気陰性度は大きい 非金属元素

最外殻は8個まで

1869年メンデレーエフ
原子量の順から原子番号の順へ
原子量の順だと発生する例外
ex

18Ar(質量数40)と19K(質量数39)

52Te(質量数128)と53I(質量数127)

 

 

イオン化エネルギー、電子親和力

 Paulingが物質XとYの結合X-Yのものを考えたとき、X-YをXとYにする(均等開裂)には、X-XをX二つに分けるエネルギーaジュールとY-YをY二つに分けるエネルギーbジュールの輪の半分になると予想したが、それより大きいエネルギーがX-Yを切り離すのには必要だった。

 

これは、二原子間に生じるクーロン力によるものだと考え、のちに電気陰性度となる電子を引き寄せる度合いを各元素に割り当て、その差分がひきつける度合いだと考えればいいと予想した。(H→2.1 K→0.8 F→4.0)

 

Mullikenはイオン化エネルギーと電子親和力の平均をとることを提唱した。

 

 

イオン化エネルギーI: \( X=X^++e^--I \)

電子親和力E: \( X+e^-→X^-+E \)

 

Mullikenの電気陰性度: \( 電気陰性度=\frac{I+E}{2} \)

 

最外殻電子を飛ばすのに必要なエネルギー(イオン化エネルギー)と、電子の吸引するような引き込み(電子親和力)はついになってるように見えて別世界の議論。イオン化エネルギーと電子親和力に直接的な関係はない。

Paulingの電気陰性度は測定値でも計算値でもない。

現在でも語られている。Mullikenのものは現実とかなり違いが出たことも多かった。

 

 イオン化エネルギーは大きければ大きいほど電子を出しにくい

電子親和力は大きければ大きいほど電子が入りやすい。

 

 

 

 

 

結合 

 

K,L,M・・・とある電子殻は主殻でありさらに細かくs,p,d,f,と副殻sub shellに分かれる。s,p,d,fはそれぞれsharp,principal,diffuse,fundamentalとわかれる。

電子軌道という用語について、軌道は軌道関数から来ており、奇跡というよりかは存在確率のような意味に近い。

 

shell(C可算)

  主殻 副殻 軌道数 各副殻内に収まる最大の電子の数 各主殻内に収まる最大の電子の数
  K 1s 1 2 2
  L 2s 1 2 8
  2p 3 6
  M 3s 1 2 18
  3p 3 6
  3d 5 10
  N 4s 1 2 32
  4p 3 6
  4d 5 10
  4f 7 14

 

炭素の場合で考えてみる。

炭素の電子配置1s22s22p2

電子は低いエネルギー準位から対になって詰められ、最初の4個がそれぞれ対になる。

エネルギーは低い順に

1s<2s<2p<3s<3p<4s<3d<4p<5s<4d<5p<6s<4f<<<

4s<3dとなっていることに注意、これ以降ぱっとみ3pまでの規則性ではなくなる。

 1s,2sのみがspinの状態で2pには三つの箱中二つの電子が収められていると考える。

このままだと炭素が最外殻に四つの軌道を持ち結合できる状態にはならない。そこでsp3混成軌道になると考えられた。

sp3混成軌道では正四面体の形を成し、各軌道のなす角をΘとすると\( cosΘ=-\frac{1}{3} \)

でありおよそ109.5°

VSEPR理論

valence shell electron pair repulsion theory

原子価殻電子対反発測

電子対の反発力の強さ

1.非共有電子対どうしの反発

2.非共有電子対と共有電子対の反発

3.共有電子対どうしの反発

 

 水分子やアンモニア分子の、O-HどうしやN-Hのなす角は109.5°より少し小さくsp3混成軌道のなす角より小さい。これは非共有電子対の力が働いたものと考えられる。

 

 

 

結合の数

水分子一つ当たりの結合数は2

黒鉛のC-C結合の数

 

 

 

配位結合
片方の原子が非共有電子対を出し、もう一方の原子が何も与えない結合

 

イオン結合

引力だけでなくある一定距離以上になると斥力も働く。これが釣り合うところがイオン結合距離となる。

 

水素結合

電気陰性度の大きい元素(F,O,N)は水素化合物において水素結合を形成しやすい。(ただし、HClは水素結合を形成しない。)

沸点は高い。

水分子の水素結合の数はアンモニアフッ化水素の水素結合の数の二倍だから沸点もその分さらに高くなると予想される。

 

ファンデルワールス力(Van der waals forces)

弱いLondon Dispersion Forces

強いdipole-dipole forces

の二種類がさらに細かく考えられる。

ファンデルワールス力は分子量が大きくなると大きくなる傾向がある。

異性体ならばファンデルワールス力は長いほど大きくなる傾向がある。(分子の表面積が大きいほど大きくなる傾向がある。)

 

 

共有結合>水素結合>ファンデルワールス

それぞれにおいて、10倍ほどの差があると考えてよい。

 

1ppm→0.0001%

 

 共有結合結晶

C,Si,SiO,SiC(カーボランダム)

 

SiとHでシラン

氷もドライアイスも分子結晶、結合自体は非金属どうしだから共有結合

 

結合例

個体の塩化アンモニウムに含まれる結合

イオン結合、配位結合、 共有結合

 

 

分子量:分子を構成する原子の原子量の総和

式量:組成式イオン式の中に含まれる原子の原子量の総和

 

イオン結晶は、組成式であり式量となる。(分子量ではない。)

 

 

体心立方格子

 

面心立方格子

銅、銀、金、白金(3メダル+α)

六方最密構造

Mg

 

 

気体は、真空という溶媒に溶かしたものだと考えると腑に落ちることがある、。

実験関連

 

生理食塩水 0.15molの食塩溶液

 

 

フェノールフタレイン pH:8〜10

8.3→10

無色→赤

 

メチルオレンジ

3.1→4.4

赤→黄

 

弱酸と強塩基の中和滴定

フェノールフタレインなどを用いる。

 

強酸と弱塩基の中和滴定

メチルオレンジなどを用いる。

 

 

強酸と強塩基の中和滴定

理論上はどちらでも可

色の判別がしやすいフェノールフタレインが通常は用いられる。

 

ちなみに、pHと指示薬の変色域が違うものを用いたら、物質量が多く測定されたり少なく測定されたりする。

塩酸で滴定する。

炭酸ナトリウムの2段階滴定をしたとして、2段階目の滴定に、チモールブルーなどのより変色域が小さい指示薬を用いると、その変色域が確認されるまで、塩酸を入れ続けるから、適切な値より塩酸を入れることになってしまう。すなわちそれに対応してその比のぶんだけ多くの炭酸ナトリウムが測定される。

 

強酸下では弱酸はほとんど電離しないということを忘れていたので危ない。

 

エタノール(アルコール)は水酸化ナトリウムで滴定されない。

 

 

コニカルビーカー、三角フラスコ、メスフラスコ

純水で洗い、濡れたまま使用
理由:測る溶質の物質量が変化しないため

 

ホールピペット、ビュレット

使用する溶液で数回すすいだあと、濡れたまま使用(共洗い)

理由:濃度が変化させないため

 

ガラス器具→変形しやすい

 

ホールピペット・・・約10〜25mLの少量を正確に測量する器具

メスフラスコ・・・約100mL〜1000mLの多量を正確に測量する器具 

ちなみにメスシリンダーもあるけどメスフラスコ程は正確に測れないっぽい(まぁ器具の種類によって違いそう知らんけど)高校化学範囲内だと、選択肢で与えられてるとか以外は現課程ではメスフラスコって書いたほうがよさそう…

 

 

 

ビュレット・・・滴下量を正確に測量する器具

 

 

  酸化 還元
酸素 化合 失う
水素 失う 化合
電子 失う(与える) 得る(受け取る)
酸化数

 

金属の結晶格子

面心立方格子は六方最密構造ともいう。

 

体心立方格子;アルカリ金属,Ba,Cr

面心立方格子;Cu,Ag,Au,Pt,Al

六方最密構造;Be,Mg,Co,Zn

 

アモルファス・・・構成単位の配列に規則性がなく、結晶化していない固体

 

熱関連

 

沸点

液体の飽和蒸気圧が大気圧と等しくなる温度をその液体の沸点という。

 一定量の水に対する気体の溶解度は、温度が上がると小さくなる。

 

ヘスの法則・・・反応熱の総和は、反応前後の物質の種類、状態のみで決まり途中の経路は関係ない

 

原子から分子になるとき、エネルギーは放出される

 $$ (原子)=(分子)-a(kJ) $$

蒸発熱

$$ H_2O(水)=H_2O(気)-44kJ $$

 

 

$$ 標準状態(0℃、1.013×10^5Pa)→22.4L $$

$$ 27℃、1.01×10^5Pa→24.68L $$

 

上空ほど寒い理由
上空ほど、空気の圧力が小さくなり空気が膨張するためエネルギーが奪われ温度が下がる(断熱膨張)

 

 

電池・電気分解

 

イオン化傾向

Li, K, Ca,Na,Mg,Al,Zn,Fe,Ni,Sn,Pb,(H2),Cu,Hg,Ag,Pt,Au

 

生成

上からAlまでは基本的に融解塩電解で得る必要がある。

ZnからCuまでは、炭素や一酸化炭素で還元される。

Hg,Agは基本的に加熱のみで還元可能

Pt,Auは単体で基本的に取り出せる。酸化した状態のほうが珍しい。

 

 

 

 

 

水との反応

上からNaまでが、冷水と反応する。

Mgは熱い水なら反応する。

Al,Fe,Znは高温の水蒸気となら反応する(100℃は基本的に越している必要があるということ。)

Ni以降は反応しない。

 

酸との反応

Pbまでは基本的に酸と反応する。

Cu,Ag,Hgは酸化力の強い酸となら反応する。

Pt,Au王水(硫酸と硝酸を)にのみ溶ける

 

空気中との反応

上からNaまでは、内部まで酸化される。

MgからCuは表面で徐々に参加される。

水銀以降は基本的に空気中では参加されない。

 

 

 

 素焼き板(ダニエル電池)

細孔によりイオンが出入りできる。

ないと負極に陽イオン(  (Zn^{2+}) )ができて濃くなり、 (Zn^{2+}) が増えにくくなり結果的に電子が流れにくくなる。

↓ 素焼き板で、 (Zn^{2+}) を薄くし、電気的に中性な状態にする。

(Zn^{2+})が正極側の電解液 (CuSO_4) に移動して、逆に (SO_4^{2-}) が、負極側の電解液に移動する。

 

 

 

平衡

体積のみ増大→ 気体分子数増加方向へ

体積のみ減少→気体分子数減少方向へ

 

C(炭素)は固体だから物質量の減少に比例して体積も減少し、モル濃度は一定だから定数に含める。

 

空気がなくても水面さえあれば水の蒸発はおこる。  

 

ドルトンの原子説

定比例の法則と質量保存の法則を説明するために提唱された。

ヘンリーの法則

定量の溶媒の一定温度での気体の溶解量はその気体の分圧に比例する。

 

クラーク数

地殻中に含まれる元素の割合を推定し、存在率で表したもの。

 地殻中に多く含まれる元素

 

酸素、ケイ素、アルミニウム、鉄、カルシウム

ケイ素は単体で存在せず、ケイ酸塩や二酸化ケイ素として存在する。

 

熱化学

中和熱は、酸と塩基の中和によって生じる熱→水酸化物イオンと水素イオンから水、生じる熱と考えるとうまく行くことがある。

 

強酸と強塩基の中和熱はほぼ一定56.5kj/mol

水酸化ナトリウムと塩化水素の中和熱がわかってれば、水酸化カリウムと硝酸の中和熱もそれと扱うことがある。(但し、要は値がどこまで正確に欲しいかだから、個別に求めなければいけない状況も存在する。)

 

ボルン・ハーバーサイクルの準備


f:id:knowhub:20201019060055j:image

 

生成熱が大きい化合物ほど単体と比べて安定である。

反応速度・平衡

 

係数が1の物質を基準として反応速度は考える。

$$ A+3B+2C→5D+2E $$

この場合、E基準で考えると

Aの減少速度が与えられた場合はその2倍、

などとしなければいけないが

基本係数1のAを基準に考える。

Eか〇〇の速度で生成したと言われたら、その半分を考え、適宜反応速度定数などを求める。

 

$$ v=k[X] $$

↑式のが与えられたとき、基本的には

反応速度定数は、温度を上げても触媒を入れても基本上がる。

 

 

 

アレニウスの式


f:id:knowhub:20201020104722j:image

k:反応速度定数

E:活性化エネルギー

R:気体定数

T:温度

 

$$ aA+bB⇄cC+Qkj(a+b>c) $$

 

 

 

反応速度を上げる。(このとき、平衡が移動してもその逆反応の反応速度も速くなる。)

触媒を加える

高圧にする

高温にする

反応での、表面積を大きくする

照射

 

もし物質を取り除くことによって平衡を移動させたときは、逆反応の速さは遅くなる。

 

 

$$ aA+bB⇄cC+Qkj $$

この反応関連について考える。

体積一定で圧力可変で理想気体を混入させたとき、物質のそれぞれの分圧(濃度)は体積一定だから変わらず、平衡は変化しない。

 

圧力一定で体積可変で理想気体を混入させたとき、圧力不変より、各気体に対する分圧が減少する。より分圧の和が小さくなった方が大きくなるように平衡は移動する。また、各分圧は減少するため、正反応も逆反応の速さも減少する。

 

温度が一定だと物質の分圧や濃度が、変化しても基本的に平衡定数は変わらない。

 

分圧と体積の問題文が不可解なとき、分圧で考察したほう良さそう。

平衡において分圧は大事

 

 

気体において、固体が出てきたら体積を切り捨てることはあるし、電離平衡で水やその周辺のイオンなどの扱いは近似など問題によって変わるが、液体の平衡における水は何ら他と違う処理をする必要はない…(水をガン無視して計算してたら詰みました)

 

触媒は順方向、逆方向の反応速度をおおきくし、平衡にはやく到達させるが、平衡は移動させず平衡定数も変化しない。

 

平衡定数関連の計算でおばけ多項式出てきたら、電離度、解離度未知数にして立式すると綺麗にいくかもしれん。

 

 

 

 

 

エントロピーの観点から

※筆者が未熟ゆえに、この記述が適切か保障いたしかねます。ご了承ください。

反応は基本的に、エントロピーが大きくなる方へ、エネルギーが減少する方へ進もうとする。

両者を満たす方へ反応は自発的に進行する。

どちらかのみを満たす場合は、より強い作用の方へ進む。

エネルギーの大きい状態は不安定

粒子の散らばり具合、乱雑さ―エントロピー

高温の場合、エネルギーによる影響よりエントロピーで反応が決定されやすくなる。

 

 

 

 

 

クラーク数

酸素、ケイ素、アルミニウム、鉄、カルシウム、ナトリウム

 

 

有機化学メモ

アルカン

素数4以下は気体

5〜16は液体

17以上が固体

 

アルコール

沸点

一級>二級>三級

 

化学で使う英単語

化学英単語

 

 

MO theory ; molecular orbital theory

分子軌道法

 

IR ; infrared absorption spectrometry

赤外吸収分光法

 

NMR ; nuclear magnetic reasonance

核磁気共鳴

 

IUPAC・・・International Union of Pure and Applied Chemistry

super conductivity・・・超伝導

 

 

化学の基本用語

ppm・・・parts per million

isomerism・・・異性体

stereochemistry・・・立体化学

collision theory・・・衝突理論

nucleophilic・・・求核剤

electrophilic・・・求電子剤

supramolecular・・・超分子化学

enzyme・・・触媒

equilibrium・・・平衡

buffer action・・・緩衝作用

buffer solution・・・緩衝液

hydrolysis・・・加水分解

solubility product・・・溶解度積

common ion effect・・・共通イオン効果

saturation・・・飽和

titration・・・滴定

indicator・・・指示薬

oxidation・・・酸化

reduction・・・還元

oxidant・・・酸化剤

reduction・・・還元剤

redox reaction・・・酸化還元反応

oxidation number・・・酸化数

homogeneous mixture・・・均一混合物

heterogeneous mixture・・・不均一混合物

aerosol・・・エアロゾル

ideal gas・・・理想気体

real gas・・・実在気体

osmotic pressure・・・浸透圧

polarity・・・極性

polar molecule・・・極性分子

nonpolar molecule・・・無極性分子

crystal・・・結晶

crystal lattice・・・結晶格子

packing factor・・・充填率

closest packed structure・・・最密充填構造

solubility・・・溶解度

periodic law・・・周期律

periodic table・・・周期表

ionization energy・・・イオン化エネルギー

electron affinity・・・電子親和力

electronegativity・・・電気陰性度

Van der Waals force・・・ファンデルワールス

valence・・・原子価

valence electron・・・価電子

electron・・・電子

electronic orbital・・・電子軌道

hybrid orbital・・・混成軌道

unpaired electron・・・不対電子

free electron・・・自由電子

covalent bond・・・共有結合

coordinate bond・・・配位結合

metallic bond・・・金属結合

ionic bond・・・イオン結合

hydrogen bond・・・水素結合

melting point・・・融点

boiling point・・・沸点

boiling・・・沸騰

proton・・・陽子

neutron・・・中性子

atomic nucleus・・・原子核

element・・・元素

atomic number・・・原子番号

element symbol・・・元素記号

cation・・・陽イオン

anion・・・陰イオン

anode・・・陽極

cathode・・・陰極

mass number・・・質量数

atomic weight・・・原子量

mass defect・・・質量欠損

mass spectrometer ・・・質量分析

chemical formula・・・化学式

allotrope・・・同素体

radio isotope・・・放射性同位体

deuterium・・・重水素

tritium・・・三重水素

peroxide・・・過酸化物

zwiterrion・・・双性イオン

isoelectric point・・・等電点

α-helix・・・α-ヘリックス

β-sheet・・・β-シート

数詞

1.mono

2.di 

3.tri

4.tetra

5.penta

6.hexa

7.hepta

8.octa

9.nona

10.deca

 

有機

organic compound・・・有機化合物

group・・・基

alkyl group・・・アルキル基

fatty acid・・・脂肪酸

amine・・・アミン

functional group・・・官能基

isomer・・・異性体

structural isomer・・・構造異性体

stereo isomer・・・立体異性体

index of unsaturation・・・不飽和度

cis・・・シス

trans・・・トランス

asymmetric carbon atom・・・不斉炭素原子

optical isomer・・・光学異性体

emantiomer・・・鏡像異性体

enol・・・エノール

racemate・・・ラセミ

diastereomer・・・ジアステレオ異性体

meso structure・・・メソ体

homolog・・・同族体

amine・・・アミン

ester・・・エステル

amide・・・アミド

phenol・・・フェノール 

cresol・・・クレゾール

penicillium・・・アオカビ

 

 

alkane・・・アルカン

alkyne・・・アルキン

acetaldehyde・・・アセトアルデヒド

acetone・・・アセトン

acetic acid・・・酢酸

formaldehyde・・・ホルムアルデヒド

formic acid・・・ギ酸

propionic acid・・・プロピオン酸

acrylic acid・・・アクリル酸

 

 

maltose・・・マルトース

cello biose・・・セロビオース

 lactose・・・ラクトース

sucrose・・・スクロース

invert sugar・・・転化糖

synthetic fiber・・・合成繊維

synthetic resin・・・合成樹脂(plastic)

 

 

 

methane・・・メタン

ethane・・・エタン

propane・・・プロパン

butane・・・ブタン

pentane・・・ペンタン

hexane・・・ヘキサン

heptane・・・ヘプタン

octane・・・オクタン

nonane・・・ノナン

decane・・・デカン

cyclo・・・シクロ

 

 

 

 物質

 

水酸化鉄・・・iron hydroxide

水酸化ナトリウム・・・sodium hydroxide

二酸化硫黄・・・sulfur dioxide

炭化カルシウム・・・calcium carbide

 

deuterium・・・重水素

chlorine・・・塩素

iodine・・・ヨウ素

silicone・・・ケイ素

nitrogen・・・窒素

sulphur・・・硫黄(英国英語)

sulfur・・・硫黄(米国英語)

copper ・・・銅

hydrocarbon・・・炭化水素

 

graphite・・・黒鉛

fullerene・・・フラーレン

graphene・・・グラフェン

 

troegerite

calcium・・・カルシウム

magnesium・・・マグネシウム

carbon・・・炭素

hydrogen・・・水素

oxygen・・・酸素

 

chemical element・・・化学記号

colloid・・・コロイド

colloidal particle・・・コロイド粒子

hydrophobic colloid・・・疎水コロイド

hydrophilic colloid・・・親水コロイド

 micelle・・・ミセル

 gel・・・ゲル

sol・・・ゾル

coagulation・・・凝析

salting out・・・塩析

dialysis・・・透析

electrophoresis・・・電気泳動

 

 

ラテン語

cuprum・・・銅

natrium・・・ナトリウム

kalium・・・カリウム

ferrum・・・鉄

aurum・・・金

 

molecule・・・分子

molecule formula・・・分子式

compositional formula・・・組成式

chemical formula weight・・・化学式量

molecule weight・・・分子量

formula weight・・・式量

Avogadro constant・・・アボガドロ定数

 chemical reaction・・・化学変化

 chemical equation・・・化学反応式

 

fullerene・・・フラーレン
conductive polymer・・・導電性高分子

 

Hünig's base

ヒューニッヒ塩基


f:id:knowhub:20200926225243j:image

 

 

今後もこのページは更新していきます。

数学で使う英単語

数学の問題や文献を読んでる時に出てくる英単語系をまとめておきます。

随時追加します。

aopsなどで見かけそうな単語などを中心にしばらくは載せていきます。

 

WLOG

 without loss of generality(一般性は失われない)の略

  補足・・・日本だと大学入試で標準以上の問題でたまに使われるが、WLOGで外国語のサイトを調べるとわかりやすいものがいくつかでてくる。

 

arc

second of arc, arcsecondは1度、π/180の更に1/3600を示している。1/3600ではなく、60のときは、minuteが使われたりする。

 

relatively prime・・・互いに素

arithmetic mean・・・相加平均

geometric mean・・・相乗平均

harmonic mean・・・調和平均

bisector・・・2等分する

isosceles・・・二等辺

quadrilateral・・・四角形

diagonal・・・対角線

intersect・・・交わる(線分の交わりなど)

intersection・・・集合における共通部分、交点

tangent・・・接する、接線の

inscribe・・・内接する

circumcircle・・・外接円

incenter・・・内心

circumcenter・・・外心

orthocenter・・・垂心

equilateral・・・等辺の

obtuse・・・鈍角の

acute・・・鋭角の

counterclockwise・・・反時計回り

clockwise・・・時計回り

commutative・・・可換

bijective・・・全単射

injective・・・単射

surjective・・・全射

mapping・・・写像

同素体雑記

硫黄

 

単斜硫黄


硫黄の粉末を120℃前後まで加熱すると黄色の融解液となる。乾いたろ紙の上などで空気中で、冷却すると単斜硫黄が形成される。
常圧で、95.6℃以上で斜方硫黄を長時間放置すると単斜硫黄になる。

針状結晶

 

斜方硫黄


ゴム状硫黄、単斜硫黄などを常温・常圧で放置しておくと斜方硫黄に変化する。
硫黄の粉末をニ硫化硫黄CS2に溶かし蒸発させると、斜方硫黄の結晶が出てくる。

 

ゴム状硫黄


硫黄の粉末を250℃前後まで加熱すると暗褐色の融解液となる。それを冷水等で急激に冷却するとゴム状硫黄が形成される。

 

炭素

黒鉛
500℃から600℃前後で着火する。
ダイヤモンド
800℃以上で着火する。

黒鉛は炭素原子どうしが正六角形状に平面層状構造である。この層が分子間力で重なっているから軟らかい。

ダイヤモンドは炭素原子どうしが正四面体状に網目状構造で結びついているから硬い。

 

リン

比較 黄リン 赤リン
融点 44℃ 590℃
発火 自然発火する(35℃〜50℃) 自然発火しない(260℃)
毒性 有毒 僅かな毒

 

 

その他の同素体

 

硫黄、炭素、酸素、リン以外にも同素体は存在する。

ヒ素、スズ、セレンなど
ヒ素
灰色ヒ素、黄色ヒ素、黒色ヒ素同素体がある。
スズ
白色スズ、灰色スズなど
セレン
灰色セレン、赤色セレン、黒色セレンなど

 

ショ糖と化学

市販で売られているショ糖

ショ糖:スクロースC12H22O11

 

氷砂糖やグラニュー糖に使われる。

ラニュー糖はざらめ糖の中でも、結晶が細かく溶けやすい。

 

海外では、わりと砂糖といえばグラニュー糖である。上白糖に関して言えば、日本独自の砂糖である。

 

化学的性質について

スクロース

フルクトースとグルコースからスクロースは成る。(スクロースは二糖類)

レモンやタルタルソースなどの少しの酸により、フルクトースとグルコースに分解される。

還元性は持たない。(同じ二糖類で言えばトレハロースなども)

 

調理など

 

アメを作るときなどで、高温状態から低温状態になるとき、溶かした砂糖は、過飽和状態となって一部が細かい結晶となって出てくる。

 

 

アメには、結晶性のものとそうでないものがあるが、キャラメルなどは冷めたときの結晶化を防がなければならない。

  1. コーンシロップなどスクロースではないものを用いる。
  2. レモンなどの酸で結晶化しないようにする。

 

 

結晶性のアメ︙ファッジ、フォンダントなど

そうでないの︙ロリポップ、トフィ、キャラメルなど

 

 

 

上白糖についても今後この記事で更新するつもりです!

 

 

参照

sugarcane さとうきび

sugar beets てんさい

granulated 粒状にした

(グラニュー糖の由)

 

英単語メモ

 

随時この記事は更新しています。

ひとまずこの記事の方針は、様々な形で単語を分類していきたいと思います。一つの単語が複数の項目で出てくることもありますが悪しからず 

 

数学の基本英単語

より専門的なのは、別記事を参照してください。

proliferation・・・ねずみ算

perpendicular・・・垂直

oblong・・・長方形

hexagonal・・・六角形

理科の基本英単語

より専門的なのは、別記事を参照してください。

ambient temperature・・・・ 周囲温度
complete combustion・・・完全燃焼
incomplete combustion・・・不完全燃焼
sloshing・・・液体の振動により起こる物理現象

meson・・・中間子
inertia・・・慣性
charge・・・電荷
nucleus・・・原子核
nuclei・・・nucleusの複数形

approximation・・・近似

optical・・・光/目の/視覚の

optical microscope・・・光学顕微鏡

evaporate・・・蒸発する/蒸発させる

centigrade・・・摂氏

100 degrees centigrade

のように使う。

alloy・・・合金

sugarcane さとうきび

sugar beets てんさい

granulated 粒状にした

saturated 飽和(した)

supersaturated 過飽和

nuclear power plant・・・原子力発電所

renewable fuel ・・・再生可能燃料

oil refinery・・・石油精製所

concentration・・・濃度

volatile・・・揮発性、(不安定な)

grease・・・油(潤滑油など)

synthetic fiber・・・合成繊維

microplastic・・・マイクロプラスチック

amplitude・・・振幅/広さ/大きさ

cilia・・・繊毛

quinine・・・マラリアの特効薬

crystalline array・・・結晶配列

patina・・・緑青

fertility・・・繁殖力

hoof・・・ひづめ

anemometor・・・風速計

genotype・・・遺伝子型

medical marijuana・・・医療大麻

side effect・・・副作用

lunar eclipse・・・月食

microorganism・・・微生物

 

動物

paramecia・・・ゾウリムシ

glowworm・・・ツチボタル

chick・・・ひよこ

thrush・・・ツグミ

blackbird・・・クロウタドリ

housefly・・・イエバ

rooster・・・おんどり

crustacean・・・甲殻類の動物

camel・・・ラク

pack animal・・・駄獣

植物

亜麻
①flax
②linen
③hemp

cannibis・・・麻

 

病気・怪我・医療の基本英単語

病気・症状など

measles・・・はしか

cavity・・・虫歯

chap・・・あかぎれになる

migraine・・・偏頭痛

cramp・・・痙攣

anemia・・・貧血

diarrhea・・・下痢

withdrawal・・・(依存から)離脱症状

体の部位など

whisker・・・ひげ

mole・・・ほくろ

navel・・・へそ

bellybutton・・・へそ

belly・・・腹

temple・・・こめかみ

kidney・・・腎臓

pancreas・・・すい臓

vein・・・静脈

道具・薬など

bandage・・・包帯

antibiotics・・・抗生物質

controlled substance・・・規制物質

 

農業関連

sown

・宝石を散りばめた

・種などが植えられた、まかれた

sowの過去分詞

 

情報の基本英単語

biometric ID system・・・生体認証IDシステム

 

 

言語・文法の基本単語

prose・・・散文

polysemic word ・・・多義語

prefix・・・接頭辞

suffix・・・接尾辞

root・・・語根

vowel・・・母音

consonant・・・子音

stylistic・・・文体論の

syllable・・・音節

proverbial・・・諺の

政治の基本英単語

party・・・党派

regime・・・政権

bilaterally・・・二国間で

Republican・・・共和党員の

congress・・・議会

lawmaker・・・議員

senator ・・・上院議員

governor・・・知事

coup・・・クーデター

infringe・・・侵略する

rebel・・・反逆者

electorate・・・選挙民

campaign promise・・・選挙公約(マニフェスト)

corps・・・軍団

polls・・・世論調査

census・・・国勢調査

upheaval・・・動乱

subsidy・・・補助金

envoy・・・外交使節

diplomacy・・・外交

income tax・・・所得税

経済・お金関連の基本英単語

patent・・・特許

down payment・・・頭金

manipulation・・・市場操作

securities・・・株式

time deposit・・・定期預金

lucrative・・・儲かる

entrepreneur・・・起業家

retailer・・・小売業者

speculation・・・投機

subsidiary・・・子会社

contribution・・・負担金

incentive・・・奨励金

coverage・・・保証金額

haggle・・・値切る

bond・・・債券

commodities・・・商品

balance・・・差引残高

bust・・・不景気

ailing・・・経営不振の

booming・・・好況の

sentiment・・・景気判断

deficit・・・赤字

inventory・・・在庫

out of stock・・・在庫切れで

tag price・・・定価

bear・・・市場の見通しが見えない(弱気筋)

privatize・・・民営化する

shop floor・・・製造現場

outlay・・・経費

gross margin・・・売上総利益

audit・・・会計監査をする

bargaining・・・交渉

depreciation・・・減価償却

capital gain・・・資産売却による利益

tariff・・・関税

裁判関連

bar・・・法曹界

move・・・措置

amendment・・・法などの修正

bail・・・保釈

legitimate・・・合法の

plaintiff・・・原告

advocate・・・擁護者/支持者

acquittal・・・無罪

penal codes・・・刑法

life in prison・・・終身刑

testament・・・証拠

indict・・・起訴する

prosecute・・・起訴する

accused

起訴された、被告の

the accused・・・ 被告人

challenge in court・・・法廷で異議を唱える

punish with・・・で罰する

犯罪関連

malfeasance・・・違法行為

breach・・・違反する

petty crimes・・・軽犯罪

con・・・だます

fraud・・・詐欺

burglar・・・空き巣犯

burglary・・・空き巣、強盗

poach・・・密猟する

snatch・・・ひったくる

事件など

mishap・・・事故

affair・・・事件

 

建物・部屋など

toll booth ・・・料金所

pavilion・・・展示館

pawnshop・・・質屋

pawnbroker・・・質屋

saloon・・・酒場

gymnasium・・・体育館

warehouse・・・倉庫

storehouse・・・倉庫

auditorium・・・講堂

residence・・・住居

attic・・・屋根裏

canteen・・・社員食堂

alley・・・裏通り

vicinity・・・近所

porch・・・玄関ポーチ、玄関

 

裁縫・布関連の基本英単語

crease・・・ズボンの折り目

亜麻
①flax
②linen
③hemp

weave-weaved(wove)-woven
織る

garment・・・衣服

attire・・・服装

textile・・・繊維

spin-span(spun )-spun
紡ぐ、糸状にする、回転させる

bosom・・・ふところ

stitch・・・縫い目

宗教

papal・・・ローマ教皇

冠婚葬祭・行事・祭り等

rite・・・儀式

bridegroom・・・花婿

spouse・・・配偶者

日用品・日常で使う品々

razor・・・電気かみそり

thumbtack・・・画鋲

hand・・・針

sleeper

・寝ている人

・寝台車

・段ベッド

・パジャマ

cane・・・つえ

white goods・白家電

landline・・・固定電話回線

crutch・・・松葉つえ

furnace・・・暖炉

faucet・・・蛇口

lawn mower・・・芝刈り機

rein・・・手綱

jug・・・水差し

lotion・・・化粧水

utensils・・・台所用品

職名

innkeeper・・・宿屋の主人、居酒屋の主人

prosecutor・・・検察官

mover・・・引越し業者

forwarder・・・運送業

biochemist・・・生化学者 
ethenographer・・・民族史学者

palaeontologist・・・古生物学者

lieutenant・・・大尉

colonel・・・大佐

clergy・・・聖職者

missionary・・・宣教師

dean・・・学部長

principal・・・学長

reseller・・・再販業者、転売人

estate agent・・・不動産業者

plumber・・・配管工、水道屋

sailor・・・船員

contender・・・競争選手

stateman・・・政治家

janitor・・・用務員

lawmaker・・・国会議員

trustee・・・管財人

vendor・・・売り手

receptionist・・・受付係

proofreader・・・校正係

tramp・・・浮浪者

 

学問の分野・教科名等

geology・・・地質学

gymnastics・・・体育

 

上下関係・主従関係などを表す語

bondage・・・束縛、奴隷

mandate・・・命令/指令

tamely・・・従順に

subdue・・・支配する、征服する

submission・・・服従/提出

submissive・・・服従する/従順な

Japanese people are submissive.

vassal・・・配下

household・・・世帯主

tyrant・・・君主

 

 

人間・家族・血族・血縁関係

forefather・・・祖先

domestic・・・家庭の

dependant・・・扶養家族

kinship・・・血族関係

kin・・・家族

toddler・・・幼児

foundling・・・捨て子

 

 

 

 

 

 

和訳に使えそうな語

当たり前の英単語でも訳すときにあまりに不自然になるときなどに使えるかもしれない。

visitor

訳すのに使えそう・・・客

hopefully

うまくいけば

relief

喜びと訳すと稀にうまく行く

That depends

それは事情次第である

well

優に/相当

 

 

複合形容

ダッシュ-でつながれた形容詞

n-year-old・・・n歳の

in-house・・・組織内の、社内の、

fast-moving・・・よく売れる

high-profile・・・人目を引く

toll-free・・・無料の、フリーダイヤルの

white-collar・・・サラリーマンの、頭脳労働者の

tree-shaded・・・木の影

one-stop・・・一箇所で事足りる

protein-rich・・・タンパク質の豊富な

hands-off・・・干渉しない

private-equity・・・未公開株式の

 

熟語

動詞

 

drive A to B・・・AをBに追いやる

driven by ・・・で突き動かされる

at the rate ・・・そのペースでは

take side・・・味方する

concede A to B・・・AにBを認める

lay off・・・解雇する

get A right・・・Aを正しくする

do A all wrong・・・完全に間違ってAする

tap into・・・せつぞくする

roll back・・・後退させる

lay down the welcome mat・・・歓迎する

put out the welcome mat・・・歓迎する

roll out the welcome mat・・・歓迎する

report to・・・に直属する

break down・・・分類する

have arranged matters・・・世の中の仕組みをきめる

be pressed for money・・・金に困る

generate a return・・・利益を生む 

be coupled with・・・と結び付けられている

be projected to do ・・・すると予測されている。

get frustrated・・・イライラする

strike a match・・・マッチをする

call for ・・・要請する

be fool into doing・・・騙されてdoingする

wipe out・・・消滅させる、消し去る

put
put x to use xを利用する。

put aside・・・蓄える

spark change・・・変化を引き起こす

follow
it follows that SV
したがって(当然ながら)〜ということになる

be accorded to・・・捧げられる、加えられる

present A with B・・・AにBを提供する

draw up・・・立案する

be due to do ・・・する予定である

view O as C・・・OをCと見なす

leapfrog over・・・を飛び越す

pull through

・困難を乗り切る・乗り切らせる

・(重い病気などから)回復する・回復させる

turn around・・・回復させる

vote overwhelmingly for・・・多数で可決する

bail out・・・救済する

call a roll・・・出席を取る

accommodate A to B・・・AをBに適応させる

give in・・・屈服する

place a strain on・・・に負担をかける

move in・・・入居する

leave over・・・余す、残す

sign a bill into law ・・・法案に署名する、法を成立させる

every inch・・・隅から隅まで

issue from・・・由来する、起こる、発する

couple with・・・結合して、相まって、いったいとなって

vie with  A for B・・・BをかけてAと争う

be in command・・・指揮する

ascribe A to B・・・AをBのせいにする

drop off・・・降ろす

taper off・・・先細りになる

give expression to ・・・表現する
make the best of・・・を最大限利用する

rent out to・・・に貸す

interfere with・・・邪魔をする

rationalize……out of existence

・存在しないことを論理的に示す

・理屈を述べ、存在をなくす

pack A in ・・・Aをやめる

be up for debate・・・議論の対象となっている

be infamous for・・・で悪名高い

 

名詞

graying population・・・高齢化する国民

one's outlook toward・・・に対する見方、態度

track record・・・実績

record number of ・・・記録的最多数の

record high of・・・記録的な多さの

natural selection・・・自然淘汰

likelihood of doing・・・する可能性

a matter of live or death・・・生きるか死ぬかの問題

centennial celebration・・・百年祭

the pros and cons・・・賛否両論

given name ・・・下の名前

senior team・・・幹部/上層部

上記以外

in turn・・・次には、結局

in a vaccum・・・真空状態

a shade= a little

in measure・・・適度、ある程度

in (形容詞) measure

ex.

in abundant measure= abundantly

in dispraise of・・・を避難して

in former days・・・昔は

the other way round・・・逆に/あべこべに

at the heart of ・・・の中心部で、の心臓で

at the outset・・・最初に、最初から、手始めに

from scratch・・・ゼロから

head over heels

・まっさかさまに

・衝動的に

・完全に

out of stock・・・在庫切れで

be bound to・・・するに決まっている、する義務がある、しなければならない

意図・意志が入り込みがちな語

・これから・・・しなければならない、みたいな強い意志

・○○に違いないみたいな、意図・意志

 

alien to・・・調和しない

ありえん!!

the most densely populated ・・・最も人口密度の高い

above all・・・何よりも

by all means・・・なんとしても

as is usually the case ・・・よくあるように

con cede A to B・・・BにAを認める

in accordance with・・・と一致して、に従って、

adjacent to・・・に隣接した

on the right track・・・正しい方へ進んで

X of few words・・・口数の少ないX

X of many words・・・口数の多いX

make a stride・・・進歩する

in turn・・・次々と、同様に

go on a strike・・・ ストライキをする

at the foot of a hill・・・小山のふもと

hill country・・・丘陵地帯

multiplication table・・・掛け算の九九表

for several years running・・・数年間続けて

in hundreds・・・何百という数で

多量の

a world of

a good deal of

a deal of

as compared with ・・・と比べて

year after year・・・年々

year by year・・・年ごとに

 

 

agree to

〇〇への承認、信頼

 

 

 

 

接頭辞

ex

exclusion・・・除外

expatriate・・・居住外国人

im

impartial・・・区別なく

in

incessant・・・絶え間ない

innate・・・本来の、先天的な

inadvertent・・・不注意な

inadequate・・・不十分な/不適切な

ir

irrevocable・・・解約不能

un

unprecedented・・・前例のない/はつの

undefined・・・未定の/まだ決めてない/不明確な

inter

interface・・・境界面

intervene・・・仲裁する

intercept・・・途中で奪う

interlude・・・合間

intercourse・・・交際

pro

propel・・・推進する

procedure・・・手続き

probation・・・見習い期間

pre

premier・・・一位の

predecessor・・・前身、前任者

prescribe・・・規定する

prerequisite

・前持って、必要な、必修の

・必修科目

preliminary・・・予備的な、序文の

prepense・・・計画的な

premature・・・早すぎる

counter

counterfactual・・・反実仮想

under

underestimate・・・過小評価する

en

enact・・・制定する

entitle・・・権利を与える

enlist・・・入隊する

ensconce・・・落ち着かせる

engender・・・発生させる

enslave

・奴隷にする、とりこにする、思いのままにする

encumber・・・邪魔をする

ensure・・・確実にする

entangle・・・もつれさせる

con

confine・・・制限する

conform・・・法律を守る

conspire・・・共謀する

re(再び)

replicate・・・複製する

restore・・・回復させる

replacement・・・後任者

refill・・・補充する

retrieve・・・取り戻す

revise・・・修正する/訂正する

relapse・・・再発する

recrudesce・・・再発する

resettlement・・・(違う場所への)定住

dis

discontent・・・不満

dismantle・・・分解する

sub

submission

・従順

服従

・提出

・提案

subscription・・・定期購読

接尾辞

ship

censorship・・・検閲

er

offender・・・犯罪者、違反者

ness

almostness・・・寸前

readiness・・・用意

less

faultless・・・欠点のない

stateless・・・国籍のない/市民権のない

 

語根

viv/vivi/vit

life,lively,aliveなどの意、ラテン語由来

有名どこだとvitaminとかsurvive

viva・・・万歳

vivacious・・・生き生きとしている

 

 

 

文と文の間に使われがちな接続詞的な副詞

thereby・・・それによって

rather・・・むしろ

 

修理する

下手に修理する

tinker

 

 

fix

直す

 

話し合い

discuss・・・議論

dispute・・・論争

controversy・・・論争

食・料理

crumb・・・パンくず

crust・・・パンの耳

gulp・・・むしゃむしゃ勢いよく食べる、抑える

seasoning・・・調味料

liquor・・・アルコール飲料

appetizer・・・前菜

appetizing・・・食欲をそそる

syrup・・・シロップ

potluck・・・ありあわせの料理

eggplant・・・なす

brew・・・醸造

地形(terrain)

mound・・・小さいやま、野球のマウンド

heap・・・山、(たくさんという意味もある)

uphill・・・上り坂

downhill・・・下り坂

southward・・・南部

footpath・・・歩道

sidewalk・・・歩道

pathway・・・歩道

creek・・・小川

canal・・・運河

waterfront・・・川岸

coast・・・海岸

coastal・・・海岸の

channel・・・海峡

strait・・・海峡

shoreline・・・海岸線

acre・・・畑

cape・・・岬

plain・・・平原

gulf・・・入江、湾

waste・・・荒地

 

 

主義

nonviolence・・・非暴力主義

optimism・・・楽観主義

humanitarian・・・人道主義

skepticism・・・懐疑主義

skeptical・・・懐疑的、疑い深い

extremist・・・過激主義者

nepotism・・・縁故主義

態度・感情など

感情

lament・・・悲しむ

grieve・・・悲しい

tearful・・・なみだもろい

wretched・・・みじめ

desolation・・・悲しみ、寂しさ

lonesome・・・心細い

rapture・・・有頂天、歓喜

euphoria・・・高揚感

indignation・・・憤慨

gratify・・・楽しませる

startle・・・驚愕する、驚く、脅かす

態度・性格

courteous・・・礼儀正しい

modest・・・控えめな、穏やかな

docile・・・おとなしい

parsimonious・・・けちな

strenuous・・・熱心な

forbearance・・・寛容な

礼儀

etiquette・・・礼儀作法

decency・・・礼儀正しさ

courtesy・・・礼儀正しさ

 

カタカナでも見たことあるやつ

rouge・・・口紅

parsley・・・パセリ

略語

SMS・・・ショートメッセージサービス

PIN・・・個人識別番号

 

言い方

snort・・・鼻息荒く言う

moan・・・うめき声

grumble・・・不平を言う

babble

・片言を言う

・ぺちゃくちゃしゃべる

avowal・・・白状

make an avowal・・・告白する

make an avowal of A・・・Aを素直に認める

recount・・・詳しく話す

mauve・・・藤色

ultramarine・・・ぐんじょう

 

plain

無地の

程度を表す単語

massive・・・非常に大きな

madly・・・猛烈に

appreciable・・・かなりの

 

会話表現

absolutely・・・全くそのとおり

You can say that again.

そのとおりだ(など同意を表す。)

 

lo and behold

見てほしいときなどに使われる。

驚くなかれ、なんと!みたいな

メガネを探していたんだ、

なんとね、

lo and behold!

額に掛かってたんだ❢

こんな感じの時とか

 

 

 

 

アメリカ英語とイギリス英語

transportation(used in US)

transport(used in UK)

 

railroad(used in US)

railway(used in UK)

 

 

その他

 

amalgamate・・・融合する/合併する/
unification・・・統一/統合
medium・・・媒体/媒質/手段/機関/


crude・・・天然のまま/加工していない/未熟な
bare・・・わずかな
preponderance・・・優勢
auguration・・・正式開始/就任/起業
inequality・・・不平等、不公平
meantime・・・その間に
sensible
ex
That is the sensible thing to do in the circumstances.

drift
noun
漂流/流れ
the machinery of
…の仕組み
 
deficit・・・不足/赤字
↔surplus,excess

adequate・・・適切な/十分な

cinspiracy・・・陰謀
trafficking・・・人身売買

deforestation・・・森林破壊

coin・・・硬貨を鋳造する/言葉を作り出す

harbour・・・港
hull・・・外皮/殻/船体

citrus juice・・・かんきつジュース
molasses・・・糖蜜
guiness・・・あ

ambient temperature・・・・ 周囲温度
complete combustion・・・完全燃焼
incomplete combustion・・・不完全燃焼
sloshing・・・液体の振動により起こる物理現象

meson・・・中間子
inertia・・・

awkward・・・ぎこちない

shadowed・・・暗い

caisson・・・潜水病
sodium・・・ナトリウム(ソーダとかを考えれば…)
precipitation・・・降水、降雨/沈殿、沈殿物/おおさわぎ
transpire・・・蒸発する
glob・・・泥(みたいな質感)の塊、液体の滴

puckered・・・皺を寄せた、すぼめた

chemist・・・化学者
logger・・・木こり/トラクター/丸太運搬
timber・・・木材

texture・・・手ざわり
analogous・・・類似して
vengeance・・・復讐
commotion・・・騒動/興奮/動揺
footfall・・・足音

myriad・・・数々の、無数の
multitude・・・多数の

narrative・・・物語

blob・・・半固体の塊/しみ/ぼんやりしたもの
array・・・配列
spatial・・・空間での、空間の、場所の、空間的な

chunk・・・大きい塊/ひとかたまりの/厚切り

dedicated・・・専用の/身を捧げた
これ無生物が対象のとき、専用の知らないと意味取りづらかった。

ashore・・・陸上

negligible・・・無視できる、取るに足らない
obscure・・・あいまい
appreciable・・・かなりの/十分に大きい/目に見えるほどの/明らかな

refine・・・精製する(石油など)

refinery・・・精製所
brewery・・・醸造

subdivision・・・細分化

capsizing・・・転覆(ボートの転覆事故など)

良訳
invented
考案された、考えられた、くらいに訳すと意味が通りやすいのがあった。
発明されたとかいくとちょっと大げさにひびく時があった。

awkward nature
厄介な性質と訳されていた。

line
線を引く/罫線を描く

line up・・・一列に並べる
line A with B・・・AをBに沿って並べる


wiggle・・・ピクピク動く/小刻みに揺れる
magnify・・・拡大する/大げさに見せる。
extend・・・伸ばす/広げる
jiggle・・・軽く揺さぶる
flick・・・急に動く
squeeze・・・しぼる/きつく抱く/強く接触する/経済的に圧迫する
tag・・・つける
jostle・・・乱暴に押す/押しのける/隣接する
pose・・・問題を引き起こす
stow・・・収納する/しまい込む
gleam・・・わずかにひかる
pump・・・ポンプなどで吸い上げること
stagger・・・よろめく
devise・・・工夫する/考案する/発明する
blush・・・赤面する/顔を赤くする

determinedly・・・断固として
schematically・・・概略的に
continually・・・継続的に
incidentally・・・ついでに
in passing・・・ついでに/ちなみに
evidently・・・明らかに
qualitatively・・・定性的に
ultimately・・・最終的に
enormously・・・とてつもなく/非常に
vastly・・・非常に/大いに
efficaciously・・・有効に/効果的に
practically・・・実質的に


schematic・・・概要の

mammoth・・・マンモス

maritime・・・海の

psychoanalysis・・・精神分析

teeming・・・豊富な/うじゃうじゃと
bouncing・・・元気のいい/はずむ

pant・・・喘ぐ

right-of-way・・・通行する権利
fine-grained・・・細かい

proportional to・・・比例の/比例して
from side to side ・・・横に/左右に
up and down・・・行ったり来たり/上下に/あちこちと///
pick up speed・・・速度が増す
come off with・・・の状態で/○○から外れる
derive from・・・に由来する
so much for・・・のことはそれだけ、はそんなところ
get stuck・・・動けなくなる、立ち往生する
add up to・・・合計すると…
grow accustomed to doing・・・doingに慣れる
limit oneself to
~の内でとどめる
fall silent・・・黙り込む
catch on・・・理解する/わかる
rub off・・・擦り落とす/すり減らす
climb out of ・・・(乗り物)から降りる、外に出る
pull over to ・・・(車などを)…の脇に寄せ止める
rubbing off minus parts of charge is easier.

in some sense・・・ある意味では
tap A on the shoulder・・・Aの肩を軽く叩く
straighten one's shoulder・・・姿勢を正す

gather A together・・・Aをまとめる

 

bauxite・・・ボーキサイト
phosphate・・・リン酸

intermodal
インターモーダル輸送
輸送品を組み換えず一貫して運ぶ
aisle・・・輸送機(バス・飛行機・電車などの)通路

feasible・・・可能/実現可能

towering・・・高くそびえる

canvassing ・・・戸別訪問

perp・・・加害者、犯人

bomber・・・爆撃機
bombard・・・爆撃する/砲撃する/粒子が当たる
bombardment・・・爆撃/砲撃/衝撃
naval・・・海軍の

fleet・・・艦隊
jittery・・・神経過敏の
coarse・・・荒い/粗末な

vessel・・・容器

road=thoroughfare
track・・・線路
rolling stock・・・鉄道車両
contiguous・・・隣接した
terminal・・・終端の、末端の、最終的な

metro
・metropolisの略
・鉄道のこと。

permafrost・・・永久凍土
mining area・・・鉱区

villager・・・村人

freight・・・貨物輸送、運賃、負荷

unpopulated・・・人がいない
interior・・・内部の
crisscrossed・・・交差するところで特徴づけられる/交差する
feasible・・・可能な/実現可能な
modal・・・形式上/形態上
simplicity・・・単純

absurd・・・理屈に合わない
sophistication・・・精巧化/知識素養/複雑化


steps・・・階段
interior light・・・室内灯
belongings・・・荷物/所持品///


checkpoint・・・検問所

coherence・・・首尾一貫性/筋が通っていること


基礎単語
attribute A to B
A(性質)がBにあると考える。

Studies of childhood development across cultures indicate that people everywhere tend to attribute certain essential qualities to human social categories such as race, ethnicity, or dress.
文化をこえた子供の発達の研究が、どこの人々でも、ある重要な資質が人種や民族、衣装などの人間社会の枠にあると考える傾向があることを示している。


(法)
accessory・・・共犯者

accountant・・・会計士

acquisition・・・取得

amalgamate・・・融合する/合併する/
unification・・・統一/統合
medium・・・媒体/媒質/手段/機関/


crude・・・天然のまま/加工していない/未熟な
bare・・・わずかな
preponderance・・・優勢
auguration・・・正式開始/就任/起業
inequality・・・不平等、不公平
meantime・・・その間に
sensible
ex
That is the sensible thing to do in the circumstances.

drift
noun
漂流/流れ
the machinery of
…の仕組み
 
deficit・・・不足/赤字
↔surplus,excess

adequate・・・適切な/十分な

cinspiracy・・・陰謀
trafficking・・・人身売買

deforestation・・・森林破壊

coin・・・硬貨を鋳造する/言葉を作り出す

harbour・・・港
hull・・・外皮/殻/船体

citrus juice・・・かんきつジュース
molasses・・・糖蜜
guiness・・・ある種のビール
stout・・・ある種のビール
turf・・・芝

cask・・・たる、おけ

ambient temperature・・・・ 周囲温度
complete combustion・・・完全燃焼
incomplete combustion・・・不完全燃焼
sloshing・・・液体の振動により起こる物理現象

meson・・・中間子
inertia・・・慣性
charge・・・電荷
nucleus・・・原子核
nuclei・・・nucleusの複数形

awkward・・・ぎこちない

shadowed・・・暗い

caisson・・・潜水病
sodium・・・ナトリウム(ソーダとかを考えれば…)
precipitation・・・降水、降雨/沈殿、沈殿物/おおさわぎ
transpire・・・蒸発する
glob・・・泥(みたいな質感)の塊、液体の滴

puckered・・・皺を寄せた、すぼめた

chemist・・・化学者
logger・・・木こり/トラクター/丸太運搬
timber・・・木材

texture・・・手ざわり
analogous・・・類似して
vengeance・・・復讐
commotion・・・騒動/興奮/動揺
footfall・・・足音

myriad・・・数々の、無数の
multitude・・・多数の

narrative・・・物語

blob・・・半固体の塊/しみ/ぼんやりしたもの
array・・・配列
spatial・・・空間での、空間の、場所の、空間的な

chunk・・・大きい塊/ひとかたまりの/厚切り

dedicated・・・専用の/身を捧げた
これ無生物が対象のとき、専用の知らないと意味取りづらかった。

ashore・・・陸上

negligible・・・無視できる、取るに足らない
obscure・・・あいまい
appreciable・・・かなりの/十分に大きい/目に見えるほどの/明らかな

refine・・・精製する(石油など)

refinery・・・精製所
brewery・・・醸造

subdivision・・・細分化

capsizing・・・転覆(ボートの転覆事故など)

良訳
invented
考案された、考えられた、くらいに訳すと意味が通りやすいのがあった。
発明されたとかいくとちょっと大げさにひびく時があった。

awkward nature
厄介な性質と訳されていた。

line
線を引く/罫線を描く

line up・・・一列に並べる
line A with B・・・AをBに沿って並べる


wiggle・・・ピクピク動く/小刻みに揺れる
magnify・・・拡大する/大げさに見せる。
extend・・・伸ばす/広げる
jiggle・・・軽く揺さぶる
flick・・・急に動く
squeeze・・・しぼる/きつく抱く/強く接触する/経済的に圧迫する
tag・・・つける
jostle・・・乱暴に押す/押しのける/隣接する
pose・・・問題を引き起こす
stow・・・収納する/しまい込む
gleam・・・わずかにひかる
pump・・・ポンプなどで吸い上げること
stagger・・・よろめく
devise・・・工夫する/考案する/発明する
blush・・・赤面する/顔を赤くする

determinedly・・・断固として
schematically・・・概略的に
continually・・・継続的に
incidentally・・・ついでに
in passing・・・ついでに/ちなみに
evidently・・・明らかに
qualitatively・・・定性的に
ultimately・・・最終的に
enormously・・・とてつもなく/非常に
vastly・・・非常に/大いに
efficaciously・・・有効に/効果的に
practically・・・実質的に


schematic・・・概要の

mammoth・・・マンモス

maritime・・・海の

psychoanalysis・・・精神分析

teeming・・・豊富な/うじゃうじゃと
bouncing・・・元気のいい/はずむ

pant・・・喘ぐ

right-of-way・・・通行する権利
fine-grained・・・細かい

proportional to・・・比例の/比例して
from side to side ・・・横に/左右に
up and down・・・行ったり来たり/上下に/あちこちと///
pick up speed・・・速度が増す
come off with・・・の状態で/○○から外れる
derive from・・・に由来する
so much for・・・のことはそれだけ、はそんなところ
get stuck・・・動けなくなる、立ち往生する
add up to・・・合計すると…
grow accustomed to doing・・・doingに慣れる
limit oneself to
~の内でとどめる
fall silent・・・黙り込む
catch on・・・理解する/わかる
rub off・・・擦り落とす/すり減らす
climb out of ・・・(乗り物)から降りる、外に出る
pull over to ・・・(車などを)…の脇に寄せ止める
rubbing off minus parts of charge is easier.

in some sense・・・ある意味では
tap A on the shoulder・・・Aの肩を軽く叩く
straighten one's shoulder・・・姿勢を正す

gather A together・・・Aをまとめる

 

bauxite・・・ボーキサイト
phosphate・・・リン酸

intermodal
インターモーダル輸送
輸送品を組み換えず一貫して運ぶ
aisle・・・輸送機(バス・飛行機・電車などの)通路

feasible・・・可能/実現可能

towering・・・高くそびえる

canvassing ・・・戸別訪問

perp・・・加害者、犯人

bomber・・・爆撃機
bombard・・・爆撃する/砲撃する/粒子が当たる
bombardment・・・爆撃/砲撃/衝撃
naval・・・海軍の

fleet・・・艦隊
jittery・・・神経過敏の
coarse・・・荒い/粗末な

vessel・・・容器

road=thoroughfare
track・・・線路
rolling stock・・・鉄道車両
contiguous・・・隣接した
terminal・・・終端の、末端の、最終的な

metro
・metropolisの略
・鉄道のこと。

permafrost・・・永久凍土
mining area・・・鉱区

villager・・・村人

freight・・・貨物輸送、運賃、負荷

unpopulated・・・人がいない
interior・・・内部の
crisscrossed・・・交差するところで特徴づけられる/交差する
feasible・・・可能な/実現可能な
modal・・・形式上/形態上
simplicity・・・単純

absurd・・・理屈に合わない
sophistication・・・精巧化/知識素養/複雑化


steps・・・階段
interior light・・・室内灯
belongings・・・荷物/所持品///


checkpoint・・・検問所

coherence・・・首尾一貫性/筋が通っていること


基礎単語
attribute A to B
A(性質)がBにあると考える。

Studies of childhood development across cultures indicate that people everywhere tend to attribute certain essential qualities to human social categories such as race, ethnicity, or dress.
文化をこえた子供の発達の研究が、どこの人々でも、ある重要な資質が人種や民族、衣装などの人間社会の枠にあると考える傾向があることを示している。


(法)
accessory・・・共犯者

accountant・・・会計士

acquisition・・・取得

comeback・・・返り咲き

solid・・・無地の

appalling・・・ひどい

transcontinential・・・大陸横断の

dire・・・恐ろしい

deny

・否定する

・deny A B ・・・AにBを与えない

 

brace

・引き締める

・支える

・踏ん張る

denomination

・宗派

・(通貨などの)単位

・名称

・種類

premise 

・敷地内

・根拠

・前提

・建物(内)

gadget・・・便利な機械

addictive・・・添加物

 

wicket

クリケットの用語

・小門(門)

・改札口

generic

blur・・・ぼんやりさせる

conscience・・・良心

net・・・網、正味の、結局の

waive・・・放棄する

virtuous・・・有徳の

gulf・・・大きな隔たり

well off・・・裕福な

moderately・・・控えめに、ほどよく

exigency・・・急務 

persecution・・・迫害

forcibly・・・やむを得ず/強制的に

retribution・・・天罰

confer

自動詞

協議する

他動詞

与える

autonomous・・・自治

wring・・・絞る

default・・・債務不履行

displaced・・・迫害された/追われた/故郷から移住された

 

bear

・産む

・身につける

・記載されている

・利子を生む

・含まれている 

imminent・・・目の前に迫った

avalanche・・・雪崩

stride・・・進歩すること、おおまたで歩くこと 

loathing・・・機嫌

cemetary・・・墓地

locality・・・地方

conviction・・・確信、信念

broil・・・焼く

cumbersome・・・扱いにくい

deputy・・・代理の

scorch・・・焼く

 

 

 

roundabout・・・回り道の

discriminating・・・違いのわかる、識字力のある、差別的な

(注)

discriminating people←これは、識字力のある人々を指していることもある。差別的な人々という意味とは限らないdiscrimination・・・識字、識別、差別

disclose・・・公開する

tidy・・・整頓された

haggard・・・やつれた

rude・・・未完成の

stiffen・・・堅くする

regard・・・尊重

uproot・・・根絶する

formerly・・・昔は

decent・・・まともな

marvellously・・・驚くほど

wrongfully・・・不正に、不当に、

reckless ・・・無鉄砲な、無謀な

compare・・・なぞらえる

median

中央分離帯

・中央値

tentative・・・仮の

buoyant・・・軽快な

physique・・・身体

conformity・・・画一性

beware・・・用心する

placation・・・なだめること

cannibalize・・・分解する

lessening・・・減少させること

nationwide・・・全国的な

brood・・・卵を抱く

jewelry・・・宝飾品

tenure・・・人気

fashion

(名詞)fashion=(名詞)式のやり方

revolt・・・反乱

notice

名詞

・通知

 

shape・・・調子(口語、不可算名詞)

 

discipline・・・訓練

 

yacht・・・ヨット

 

 

yard・・・庭、長さの単位

glossary・・・用語集

bibliography・・・書誌(学)

appendix・・・付録

dissertation・・・学術論文

the total mass of ・・・の総量

seek・・・求める

unduly・・・不当に、過度に

intersperse・・・散在させる、散らす

draft

動詞

・起草する、下書きする、立案する

handle・・・扱う

outweigh・・・勝る、上回る

prevail・・・勝る

rebellious・・・反抗的な

bandwidth consumption・・・ある一定時間内での通信量

indebted・・・お世話になって、恩を受けて

miscellaneous・・・雑多な

dominance・・・優越

gateway・・・通路

sewage・・・汚水

resolve・・・決心する、決意する、解決する

line break

・・・改行

desolation

・荒らすこと

・荒廃

・寂しさ

・悲しみ

blue chips・・・優良株

excessive・・・過剰な

tow truck・・・レッカー車

picturesque

・絵のような

・あけすけな

output・・・生産

bold・・・図々しい

clamant・・・騒々しい

leap・・・跳躍

whittle・・・削る

afford・・・余裕がある、与える

fabric・・・骨組み

swell・・・増す

cataclysm・・・大きな変動

salutation・・・挨拶

startle・・・びっくりさせる

deputy・・・代理の

tug・・・ぐいと引く

collision・・・衝突

demographic・・・人口統計の

flair・・・才能

aerospace・・・航空宇宙

xenophobic・・・外国人嫌いの

pool・・・集団

conflicting・・・矛盾

consecutive・・・連続した

wed・・・結婚する、結婚させる

notch

・溝、狭い道

口語名詞

・段、級

口語動詞

・収める、待たせる

diploma・・・卒業証書

parable・・・たとえ話

congenial・・・快適な

jeopardize・・・危険にする

bend・・・かがむ

doldrums

・熱帯収束帯

・憂鬱、停滞状態、沈滞

decent

・まともな、ちゃんとした

・気の利いた

flattery・・・お世辞

shaft・・・柄

brim・・・コップのふち

rattle・・・がらがら

fame・・・名声、評判

groundbreaking・・・画期的な

sweeping・・・広範囲の/全面的な

premise・・・前提、根拠、建物、敷地内

understaffed・・・人手不足の

 

piecemeal・・・断片的な

 

 

agonize・・・苦しみ悶える

tailor・・・調整する

facilitate・・・促進する

kneel・・・ひざまずく

payload・・・最大積載量

consortium・・・共同事業体

prop・・・たてかける

salient・・・顕著な

invariably・・・不変の、いつもの

plot

・陰謀、策略

・筋

・見取り図

・土地

 

unduly・・・過度に、不当に

throne・・・王座、便座

scrutiny・・・吟味

windmill・・・風車

 

belated・・・遅れた

contend・・・戦う

rule out ・・・除外

pleasantly・・・愛想よく

win・・・得る、稼ぐ、勝つ

subside・・・静まる

nationalize・・・国有化

custody・・・拘留

cater

仕出す、提供する 喜ばせる、満足させる。

飲食のcatering以外にも状況次第で広義に使われる。

abbreviation・・・略語

lead the way ・・・先駆けとなる

precede・・・先立つ、先に行く

sensitivity・・・敏感さ

temperamental・・・気質の

sublet・・・転貸

itemize・・・箇条書きにする

distress・・・苦悩

fancy・・・思う、想像する

perish・・・滅びる

art・・・芸術、技術

chill

・冷気

・落ち着く

impart

・与える、知らせる、加える

taste・・・感性

address・・・に取り組む、対処する

dispel・・・追放する

inquiry・・・探求

riddle・・・なぞなぞ

tact・・・技量

sly・・・ずるい

exert・・・努力する

bundle・・・束ねる

segment・・・区分

consolidated・・・連結

explosion・・・爆発的増加

prodigy・・・神童

unanimous・・・全員一致

curb・・縁にある石

pebble・・・小石

periphery・・・周辺

sovereign・・・主権の

coloring・・・塗り絵

slumber・・・活動を休止する

dullness・・・鈍感

handrail・・・手すり

utilize・・・利用する

host・・・多数

interest・・・関係、利害

abrupt

・突然の

ぶっきらぼう

remedy・・・救済策

arbitration・・・調停

worryingly・・・困ったことに

rather・・・むしろ

write off・・・償却する

rigid・・・厳格な

crushing・・・圧倒的な

mandatory・・・強制的な

tuition・・・授業料

preliminary・・・予備的

rustle・・・さらさら

drawsy・・・眠い

settlement・・・調停

befall ・・・降りかかる、起こる

apportion・・・配分する

measure・・・措置

corruption・・・汚職

insurer・・・保険会社

yearly・・・毎年、年に一度

beneath・・・下に

screening

・審査、審査の

fugacious・・・一時的な

coordination・・・対等関係

consistency・・・一貫した

oath・・・誓い、宣誓

clamant・・・騒々しい

fugacious・・・一時的

reverence・・・敬意、崇拝

odor・・・におい

accompanying・・・同伴の、同封の

fluctuate・・・軽くする

accomplished・・・熟達した

alleviate・・・軽くする

seal

noun

・印

verb

・密閉する

・調印する

reverence・・・崇拝

aide・・・補佐官

ornament・・・装飾品

deadly・・・激しい

radically・・・根本的に

antagonism・・・拮抗、敵意、反対

intensity・・・強さ

taste・・・感性

left to ・・・委ねた、任せた

ferocious・・・獰猛、残忍、すごい、ひどい

remorse・・・後悔

fisticuff・・・拳での殴りあい

sectarian

adjective

・党派の

・偏狭

noun

派閥的な人

 

 

repudiate・・・拒絶する

toil・・・骨を折って働く

contemporary・・・現代の

venue・・・開催場所

prosperous

adjective

・繁栄する

・順調な

persistent

・しつこい

・持続的な

・絶え間ない

stout・・・肥満の

defer・・・のばす

countenance・・・表情

mourning・・・哀悼

articulate・・・はっきり発音する/明確に表現する

remunerate・・・謝礼

diet・・・食品、日常の食料

turbulence・・・荒れ

recital・・・少人数での演奏会

carousel・・・回転式コンベア

wring・・・しぼる

premium・・・保険料

deem・・・とみなす

revoke・・・取り消す

agonize・・・苦しみに悶える

relevance・・・適切さ

catastrophic・・・破壊的な

inadvertent・・・不注意

assertion・・・主張/断言/断定

shove・・・ぐいと押す

pastime・・・娯楽

memorandum・・・覚え書き

panel of experts・・・専門家委員会

mediation・・・仲介

compare・・・なぞらえる

reckless ・・・無謀な/無鉄砲な

said・・・該当人物

sullen・・・不機嫌な

falsehood・・・虚偽

intricate・・・複雑な

warranty・・・保証

milestone・・・重要な節目

creditor・・・債権者

 

mileage・・・燃費

fulfill

・成し遂げる

・満たす

・履行する

 

certificate・・・・証明書

 

skid・・・スリップする

 

dusk・・・夕暮れ

retrench・・・削減する

scale・・・目盛り

forestry・・・林業

retribution・・・天罰

 

uproot・・・根絶する

 

skinny・・・やせた

commensurate・・・釣り合った

abandonment・・・放棄

distinct・・・あきらかな

 

drizzle・・・霧雨がふる

predicament・・・苦境

 

greasy・・・脂っこい

ambient・・・包囲した

trailer・・・追跡者

nosedive・・・急落

within oneself・・・心の中で

abstract

・要約

・抽象的芸術作品

 

shipping・・・船積み

absurd・・・理屈に合わない

 

acclaimed・・・称賛された

muggy・・・蒸し暑い

 

accommodate

・便宜を図る

・収容する

・受け入れる

 

lash・・・むち打ち

recess・・・休み

contingent・・・偶発的な

competence・・・力量

 

 

fluctuating・・・変動する、上下する

spine・・・背表紙

exclamation・・・叫び

!←このマークをエクスクラメーションマーク

displacement・・・転置

flee・・・逃れる/避難する

catering・・・出前サービス

nationwide・・・全国的な

 

stubble・・・切り株

stump

・切り株

・切り株状のもの(なんでも)

bough・・・木の枝

 

prevalent・・・流行する、広く行われる、よくある

ornament・・・装飾品

freight・・・貨物

indicator・・・指標

 

obsolete・・・時代遅れの

feudal・・・封建的な

 

yearn・・・切望する

lust・・・欲望

lust for

・・・が欲しくてたまらない

あまりキレイなニュアンスではないようです。

 

 

grievance・・・不平

 

brisk・・・活発な

exodus・・・大量の人間の移住

 

lodger・・・下宿人

wail・・・泣く

zeal・・・熱意

nullify・・・無効化

 

multiplication・・・増加

 

monotony・・・単調さ

 

discern・・・認める

outpace・・・より速い

worship・・・崇拝する

 

revealing

・明かす

・意味深い

・啓発的な

impeachment

・非難

lyric・・・叙情的

 

clause

・節

・条項

usher・・・先導する

clamant・・・騒々しい

 

engraving・・・版画

dairy・・・乳製の

authority・・・当局

 

refugee・・・難民

discretion・・・裁量、思慮分別

 

exploitation・・・開発

alliance・・・提携

honorary・・・名誉上の

 

bulky・・・分厚い

bulk・・・一括

condolence・・・お悔やみ

promoter・・・主催者

cardinal・・・主要な

cracked・・・割れ目のある

recede・・・後退する

 

captive・・・捕虜

 

swirl・・・渦を巻く

 

patent・・・特許

 

horoscope・・・占星術

 

lavatory・・・洗面所

toiletries・・・洗面用品

pantry・・・食器室

 

plump・・・肉付きの良い

 

initialize・・・初期化する

 

flawless・・・欠点のない

detour・・・回り道

readiness・・・用意

hindrance・・・妨害

perk・・・臨時手当

confiscate・・・没収する

euphoria・・・高揚感(書)

 

luncheon・・・昼食

 

trot・・・小走りする

 

hearty・・・心からの、親切な

 

renovate・・・改装する。

 

jug・・・水差し

 

bum・・・浮浪者

 

 

patio・・・スペイン風中庭

 

bold・・・図々しい

 

align・・・並べる

 

erratic・・・不規則な、予測不可能な(動きや振る舞い)、ふらついている

fulfill・・・満たす、果たす、履行する

benchmark・・・基準

mow・・・刈り取る

ebb・・・弱くなる

requisition・・・請求書

 

perilous・・・危険

 

initiation・・・開始

threshold

・敷居

・入口

・はじめ

 

resistant・・・耐性のある

over time ・・・時間とともに

occupant・・・入居者

 

nominal・・・名目上の、名ばかりの、有名無実の

robust・・・強い

column・・・列

stature・・・身長

squash・・・押しつぶす

trample・・・踏み潰す

devour・・・食い荒らす

 

persist・・・固執する、持続する、存続する生き残る

procedure・・・手続き、順序

synergy・・・相乗効果

allocate・・・割り当てる

freebie・・・景品、おまけ、無料サンプル

widow・・・未亡人

bereaved・・・あとに残された、遺族、先立たれた

 

accordance・・・一致、調和

correspond・・・一致する

 

rollover・・・転覆する

 

 

 

mortgage・・・抵当、抵当でかりた金

deception・・・惑わすこと

admiral・・・提督

commodore・・・提督

norm・・・基準

apostle・・・指導者

revealing

意義深い、露出する。

doorbell・・・呼び鈴

slanted 傾いた

batch of ひと焼き分、ひとかたまり、一つの組

provocation 触発、刺激、挑発

crystalline 結晶性の

benchmark・・・基準に従って評価する

condenser ・・・凝縮
vocation・・・職業
futile・・・無駄、無益
utmost・・・最大限
intellectual・・・精神的、知的

boast・・・自慢する

there is  a long way to go before SV・・・するまで先が長い。indlfferent・・・無関心で、無関係で、

causal・・・因果関係の

causation・・・因果関係

attest・・・証明する
deflect・・・それる
relentless・・・たゆまぬ、しつような
tally・・・数える
avid・・・熱狂的な
unwittingly・・・図らずも、故意でなく
sagacity・・・聡明さ
exiled・・・亡命した

criteria・・・基準

criterion criteriaの複数形

flat fire・・・パンク

raft・・・いかだ

down payment・・・頭金

purify・・・浄化する

work hours・・・勤務時間
intuition・・・直感
favor・・・味方する、助ける
prehistoric・・・先史の
mythology・・・神話
roam・・・歩き回る
fortuitous・・・偶然の
journal・・・専門誌
painstakingly・・・苦労して
synonymous・・・同義語の


coin
言葉を作る

 

gloom

憂鬱

 

dullness・・・鈍感

 

tag line・・・スローガン

 

 

classic
有名な

 


game
獲物

 

 

 

探し求めて
in quest of
in search of

 

excessive・・・度を超えた、行き過ぎた

 

culture
文化
培養

frustrate
失望させる・挫折させる 

stumble
stumble upon・・・偶然見つける

flick
flick through・・・パラパラめくる

scale
scale up・・・量産する、規模を拡大する。

providence
神の意志、摂理

agency
働き、作用、介在

telecoms regulator・・・電子通信規制機関

readily・・・すぐに、たやすく、あっさり、快く

shorthand

手っ取り早い

速記

 

inborn ability・・・生まれつきの能力

strip
verb
はぐ、ぬぐ、むく、奪い取る

noun
①細長い布
②細長い土地

hoarse・・・かすれた、かれた(声)
property・・・財産
merit
my merit,your meritなどで自分の長所、あなたの長所という意味になる。利点という意味だけでは、個人的には意味取りづらかった。

sincere
(訳し方)真剣

implore
(訳し方)頼む
entreaty・・・懇願、祈りなどなど

comtemptuous・・・バカにした
comtemptuously・・・軽蔑的に

 

基本用語を深く

common

一般の、通常

 

 

何が入るでしょうという問題

Every winter, colds are () at schools.

1.familiar 2.broad 3.popular 4.common

確信をもって本番で答えるのは案外難しそう。

 

population

・人口

・動物などの集合

・住民

given

given that(主に文頭で使われる。)

を考慮すると〜、を考えると、

〜とすると

 

英語の数学の問題などもGiven that 〜が冒頭の問題をよくみかける。

 

類義語

considering

noun

1.当然のこと

That's a given.(それはもうわかってる)

当たり前のこと、常識でしょ、当然のこと、という感じで使われることがある。

 

 

2.天性のもの

 

drown

溺れ死ぬ

be drowning で溺れかけている

drowned 溺れて助からなくなった後

 

busy

交通量の多い

 

yield

生み出す

屈する

(結果を)引き起こす 

与える

利回り

収穫

 

possession

所有物

財産

 

sentence

判決する

modified

修正された

 

warrant

正当化する

保証する

 

high

最高気温

 

 

人名

Mahatma Gandhi・・・マハトマ・ガンディ

 

ラテン語

i.e. id est

 

e.g. exempli gratia